おめでとうございます!

先ほど、ある女性が、甲状腺摘出手術後の声の出し難い症状を克服し、当サロンを卒業されました。
本当におめでとうございます。
この先、健やかなお暮しをお祈り申し上げます。


e0146240_1834402.jpg


《甲状腺手術後の特別施療の内容》
手術創の瘢痕・癒着の対策
●超音波施療
●ホットパック
●微弱電流
●ピンポイントマイクロストレッチ
LDP対策
●喉頭牽引
●スーパーライザー照射
●喉頭クリニカルマッサージ
●舌骨引き出し発声
発声のための呼吸能力向上
●肋椎関節開大アプローチ
●加圧呼吸トレーニング
●ブレスアップトレーニング
その他
●アタランストリートメント
●Lメントール&サリチル酸塗布
●ボイスケアサロン声専用キャンディアプローチ
by aida-voice | 2012-09-13 17:15

さあ、海外研修!


メイヨークリニックからセミナーのハガキが届きました。
今度もアリゾナ・・・
あぁ、遠いですね。

e0146240_10210100.jpg
e0146240_1021166.jpg

by aida-voice | 2012-09-12 11:18

御礼&祝 500万アクセス


平成24年9月10日、500万アクセスに達しました。
ご覧いただきありがとうございます。
さらに精進致します。

會田茂樹


e0146240_8351478.jpg
2012年9月11日0:05のカウンター画面のコピー



~通院者の方には、御礼のしるしとして、新ブラックボイスキャンディ(非売品:予価1,500円/個)を合計100名様にプレゼント中 〔無くなり次第終了〕~
by aida-voice | 2012-09-11 08:34

声の短問短答【続編】4


「歌声を聞かずに歌声を判断できる!?」

面白い実験をしました。
数名に同じ歌を歌ってもらいました。
その様子をビデオで撮影。
全員同じように、決めた尺とアングルで、全体(全身)とアップ(顔と喉部)を撮ります。
それを再生し、検証します。
どのように?
興味深いですよ・・・
音を消して、歌っている姿や状態だけを比べるのです!
違和感や不自然さを感じるひと〔A〕と、動きがスムーズで自然さを感じるひと〔B〕に振り分けます。
AとBをグループとしてデータファイルをまとめます。
そして、今度は画像を消し、音だけで判断します。
基準は、歌声が良いか悪か(ここでは嗄声や割れなどの病的観念ではなく、心に届くような芸術的要素が主)、あるいは、歌が上手いか下手か。
すると、先にグループ分けしたAとBに一致するケースが多かったのです!
つまり、歌声が良くないひとや歌がへたなひとは、喉や呼吸だけでなく、全身の使い方も悪いと言えるのです。
あなたもテレビなどで検証してみるとよいでしょう。
一流のプロが歌う番組と素人が出演する番組で。
やはり、歌は身体全部の表現なのですね。


e0146240_17305810.jpg



声の短問短答【続編】の詳解
by aida-voice | 2012-09-10 00:05

声の短問短答【続編】3


「マウスノイズがあるときは滑舌が悪くなる?」

はい、その可能性が高いと思います。
マウスノイズは、舌の表面組織が口腔内軟部組織に触れる音。
自分では気づかないケースが多く、他者からの指摘や録音した際に確認されます。
極小さな「カチッ」「クチュ」などの雑音ですね。
考察してみましょう。
マウスノイズを呈するひとの喉頭を観察および触診します。
9割が舌骨のポジション、1割が舌の形態によるものでした。
つまり多くは舌骨が深奥かつ上方へ移動しているのです。
舌を押し上げ、その動きを阻害する。
やはり滑舌が悪くなりますよね。
さらに咽頭共鳴腔もつぶされるため、響きや音色も落ちます。
どうかマウスノイズには十分気をつけてください。


e0146240_951398.jpg


追記:残り1割の舌の形態によるものとして、生まれつき舌が大きい、元々動きが悪いなどが挙げられます。


声の短問短答【続編】の詳解
by aida-voice | 2012-09-09 08:48

声の短問短答【続編】2


「顔の骨格と声に関連性はありますか?」

はい、あると考えます。
ピアノで例えます。
e0146240_1191148.jpg
顔の骨格はピアノのフレームに相当します。
骨格は、もちろん、骨でできています。
フレームは弦をピンと張るため、鋳物から作られます。
ピアノの弦の張力は、最大で数千キログラムにもなるそうです。
したがって、フレームはとても大事。
そこに響板(きょうばん)、側板(がわいた)、前框(まえかまち)が取り付けられ、共鳴させる空間を作ります。
空間の形状や容量が変わると、音色も変わります。
ここにこそ、ピアノの個性と価値が存在します。
同様に、顔の骨格も、ひとそれぞれ異なることで、声色が変化します。
顔の骨格には、下顎が含まれ、その付近に重要な共鳴腔が存在するからですね。
そう、咽頭共鳴腔(舌骨の奥)【Photoオレンジ色丸部】や口腔共鳴腔【Photo緑色丸部】。
その形や容積の違いで、声にそのひとの特徴が出てきます。
これがゆえに、親子や兄弟姉妹で顔が似ていると、声も似ているケースが多いのです。


e0146240_11103179.jpg



声の短問短答【続編】の詳解
by aida-voice | 2012-09-06 11:11

声の短問短答【続編】1


「高音発声時に喉仏が上がってしまうのですが、間違った発声方法でしょうか?」

外皮から、この状態を観察および触知してみましょう。
ⅰ甲状軟骨と舌骨、舌骨と下顎(オトガイ部)が狭く固まっている
ⅱ甲状軟骨が深く奥まっている〔見えていた喉頭隆起も見えなくなるケースが続出〕
ⅲ茎突咽頭筋、茎突舌骨筋、中咽頭収縮筋、顎二腹筋(前腹および後腹)がギュッと縮んで硬くなっている
このような結果が出ました。
個別に解説します。
ⅰでは、甲状軟骨および舌骨が挙上しています。
音高(ピッチ)や個人差によりますが1~3cm程度。〔無声時と比較〕
そう、カチカチに力んでいるのですね。
このポジションは、①甲状軟骨舌骨間が狭くなることで、上喉頭動脈の血流が不足し、スタミナが低下する、②舌骨が挙上することで、舌骨上筋群や舌筋の動きを阻害し、滑舌が悪くなる、の二つの様態を呈することとなります。
ⅱは、一時的な深奥化を意味します。〔恒久的なLDPとは異なります〕
これによって、③咽頭共鳴腔の体積が小さくなり、広がりに欠ける〔閉鎖的〕高音になります。《ⅰでも当てはまります!》
ⅲは、④筋収縮がこれ以上できなくなるため、各種の発声運動性能が格段に落ちます。
以上①②③④によって、聴くひとが魅力的と感じるような高音ではなくなる可能性が高いでしょう。
ただし、音楽(楽曲)の表現の一つとして、あえて取り入れているなら、この発声方法は何の問題もありませんが・・・
これは芸術の範囲になりますからね


e0146240_11413346.jpg



追記:喉頭を上げて高音発声する全体の約8割のひとが同時に鎖骨(clavicle)も挙上させていました。これでは肋間筋が伸展を強要され、呼吸効率が落ちてしまいかねません・・・


声の短問短答【続編】の詳解
by aida-voice | 2012-09-03 11:12


◆2012夏季の研究発表【最新最速情報】◆

場所:白金台第2サロン
時間:2012年9月1日 午後1時から午後6時まで
費用:無料
参加状況:即時に予定数を大幅に超えました・・・ 今回もありがとうございます!
受付:満員

昨年に引き続き、2012年8月に研究した内容を最速で報告します。
喉と声に関する最先端の報告です。
今回も強烈な新事実がいっぱい (の予定‐笑‐)。


  ―――――――――――――――――――――――――――


上記の講習会は無事終了しました。
参加された皆さま、おつかれさまでした。
発表内容は次の通りです。
1:摘出喉頭触診による新しい事実 《輪状甲状筋と閉鎖筋の相関関係》
2:体感記憶発声について
3:連続した筋膜のリリースによる喉と胸郭のリラクゼーション
4:相反神経支配を利用した喉のリラクゼーション
5:最新版1/fの声への取り組み
6:アナログ声の魅力と獲得法
実は・・・、まだまだ各種実験の検証が多く残っています。
そう、今回の発表では不十分。
したがって、もう一度、「2012夏季の研究発表」の不足分を補講することとします。

場所:前回と同じ会場(同じ席に着席すること)
時間:2012年11月6日 午後4時から午後9時まで
費用:無料
参加条件:9月1日に参加した方のみ限定


e0146240_5491777.jpg
君は閉鎖筋の本当の動きを知っているか!?



003.gif
これら発表の詳しい内容は、いずれ、喉ニュースで紹介していきたいと願っております。
お楽しみに!
by aida-voice | 2012-09-02 05:35


声の短問短答は2012年8月の31日間で100の答えを導き出しました。
「わかりやすい」「復習になった」など多くの方々から高い評価をいただきました。
そこで・・・、もう少しだけ、この形態を続けることにしました。
声の短問短答【続編】と銘打ちます。
なお、掲載頻度は減りますが、この夏の研究や実験の結果をふんだんに取り入れた読み応えある濃厚な内容にしていきますので、ご期待ください!


e0146240_7323219.jpg

by aida-voice | 2012-09-01 10:20


朗報!!!
2012年8月31日に掲載した短問短答は、記念すべき100番目ですから、時限を止めて恒久掲載します。
とても大事な内容です。



「声に効果的な呼吸法を教えてください」

【短答】
声に絶大な効き目がある呼吸法・・・、簡単です。
両足を肩幅程度に開いて、楽に立ちます。
両手は自然におろした状態でOK。
さあ、始めましょう。
上半身をねじります。
最大にねじった状態で、ゆっくりと深呼吸をします。
回数は10回。〔各自の判断で回数変更可〕
次に反対にねじって同様に行います。
ポイントは思い切りねじること。
慣れてきたら、深呼吸だけでなく、一曲歌うのも良いでしょう。(曲の途中でねじる方向を変える)
これは、呼吸に重要な役目を担う内・外肋間筋のストレッチングになります。
加えて、横隔膜の運動ポジションの変化を体感することにより、声のための真呼吸をもたらします。
なお、お薦めの深呼吸は、吸気時、最初に胸部下位と腹部上位をしっかりふくらませ、続いてその広がりを骨盤まで深く下方移動させます。
続けて、再び腹部から胸部上部(鎖骨あたり)までふくらみを移動しましょう。
そして呼気。
胸部上位から骨盤までの全体から均一に息が出ていくよう、吸気より長い時間をかけてゆっくりと吐きましょう。
声にとって呼吸は非常に重要な役割を担っています。
是非、ご利用いただき、ステキな声を獲得してください。


※声の短問短答の詳細※


追記1:上腕と呼吸に関連する筋トレを同時に行うなら、手に鉄アレイを握ってください。片手に男性なら1~2㎏、女性なら500g~1㎏位でしょうか。


追記2:当サロンでは、声のための真に正しい呼吸を「真呼吸」と呼称しています。よって文中の深呼吸と真呼吸では意味が異なりますのでご注意ください。
by aida-voice | 2012-09-01 06:48