嚥下摂食アプローチ【ボランティア施術】が遅れている理由


それは、開催する場所がないからです。


現在のビルは、4階まで急峻な階段。


健常者でも、息が切れ、一苦労。


先日、階段途中で転倒しそうになったと、若者がぼやいていました。


嚥下摂食アプローチを希求されるのは、悩血管疾病罹患者やご高齢の皆さまがほとんど。


よって、現在のボイスケアサロンで開催することができません。


嚥下摂食関与筋の多くは、発声関与筋より深い位置にあるため、該当筋をアプローチするには、独自にアレンジした特殊な二種類のチェアが必要になります。


しかも大きく重い。


簡単には持ち出せません。〔他所で出来ない理由〕


コロナ禍の期間、音声音響研究所で無報酬勤務(所得0)だったため、唯一借りられたのが、この古いビルの小さな一室。


早々の移転など模索しております。


よって、もうしばらくお待ちください。


ご理解ご容赦のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。





嚥下摂食アプローチ【ボランティア施術】が遅れている理由_e0146240_00504076.jpg




ボイスケアサロン

會田茂樹(あいだしげき)





by aida-voice | 2024-06-12 00:51