やはり効くチョキ開大運動!


ホームページ各種訓練法に掲載中のチョキ開大運動。


取り組んだ皆さまから「声が出しやすくなった!」「高音発声が楽になった!」「長時間歌っても疲れなくなった!」など評価が高まっています。


甲状孔を開いて内喉頭への血流を促進すれば、発声の運動性や耐久性が向上するのは当然ですよね。


また、上喉頭静脈の還流もスムーズになり、声帯ヒダの浮腫みが解消され、高音発声にも好適。


さらに、上喉頭神経にも良い影響を及ぼし、ピッチやリズムのコントロールを中心に、発声能力アップにも貢献するでしょう。


是非、ご活用ください。





チョキ開大運動〔Scissors Open Exercise


慣れれば非常に簡単です。


まず、舌骨と甲状軟骨の間にある甲状孔 (上喉頭動脈が入り込む甲状舌骨膜の穴) の位置を見つけます。


喉頭 (舌骨・甲状軟骨・輪状軟骨) は宙に浮いており、シンメトリーなポジションが困難であることから、ほとんどのひとは左右の甲状孔の位置が若干異なります。


よって、片側だけを参考にして反対側を決めないよう、その点に留意してください。


正しい位置を特定しなければ、効果は期待できません。


手指でチョキの型を作り、中指の指腹が舌骨体の下端に、示指の指腹が甲状軟骨翼上部のエッジにかかるようにセットします。


軽く圧を加えながら指間をゆっくり、かつ、しっかり広げます。


1㎝ ほど広げたら、そっと皮膚から指を離します。


決してチョキを閉じる行為をしてはいけません。


なぜなら甲状軟骨と舌骨の間隙を広げるのが目的だから。


10回以上繰り返しましょう。


甲状孔が開大し、上喉頭動脈の血流が増します。


これにより・・・


①上喉頭動脈の血流が増し、声帯ヒダとそれを動かす筋群へ酸素・栄養の供給が高まる


②内喉頭の潤沢な保湿がかなう


③上喉頭静脈の流れも良くなり、発声疲労や声帯ヒダのむくみが解消される


④上喉頭神経も活躍し、ピッチやリズムのコントロール性能がアップする


などが期待されます。


日常生活の声のケアにも、枯れ声やガラガラ声にも、喉の乾燥にも、風邪やインフルエンザの予防にも、声帯のむくみ対策にも効果抜群です。


さらに、声を出さずに即時のウォーミングアップも完成させられます!


発声練習できない楽屋や、突然の本番にも、完璧に対応。


もちろん、クールダウンにも最適です。


正しく覚え、是非、ご活用ください。


※最初は、正確な位置で行うためにも左右別々に。慣れてきたら両手指で行うことで最適な圧が得られるでしょう。





やはり効くチョキ開大運動!_e0146240_01215774.jpg





やはり効くチョキ開大運動!_e0146240_01220216.jpg





やはり効くチョキ開大運動!_e0146240_01220924.jpg





やはり効くチョキ開大運動!_e0146240_01221920.jpg





やはり効くチョキ開大運動!_e0146240_01223215.jpg



追記1:ただし、甲状孔は個体差や左右差も多く、正確な位置で実行しなければ、効果はゼロ。希望者は、ボイスケアサロンの施術内にお尋ねください。ミリ単位の精緻な触知によって甲状孔を探り当て、ピンポイントでお示しいたします。



追記2:無断転載禁止〔ホームページや喉ニュースの絵図や写真は、時間をかけて制作した作品や正しく購入した作品です。勝手に盗用しないよう何卒よろしくお願い申し上げます〕





やはり効くチョキ開大運動!_e0146240_01453906.jpg



やはり効くチョキ開大運動!_e0146240_09592698.jpg





やはり効くチョキ開大運動!_e0146240_09594512.jpg




ボイスケアサロン

會田茂樹(あいだしげき)





by aida-voice | 2024-06-10 10:01