至高の喉頭紹介(男性) ③外喉頭状態を記入


至高の喉頭を紹介します。


男女一名ずつ、①外喉頭の静止画、②外喉頭予想図を作画、③外喉頭状態を記入、を順に6連続アップしていきます。〔日々一枚〕


もちろん、本人には許可をいただきました。


これまで外喉頭予想図を何千枚も描いてきましたが、このお二方の喉は、トップ中のトップだと思います。


さあ、素晴らしい喉形状や発達した発声関与筋をご覧ください!





至高の喉頭紹介(男性) ③外喉頭状態を記入_e0146240_08512518.jpg



追記1:外喉頭予想図は、撮影時の様子を手描き作画したもので、完全な正確性は担保しておりません。なぜなら、発声関与筋の状態(主に硬度)は日々変化するから。また、甲状軟骨・舌骨・輪状軟骨の大きさは、成長期を過ぎればほぼ不変ですが、発声関与筋の状態によって、喉頭の位置は変化します。なぜ? そう、喉頭は中空に浮いた存在だから・・・



追記2:もしかすると、この二人が誰だかわかるひとがいらっしゃるかもしれませんね。首まわりの写真だけで特定出来たら、あなたは喉博士!



追記3:「喉頭の形が悪かったら良い声は出ないの?」と問われます。生得的に大きく形状の秀逸な喉頭であれば、声が良い可能性は非常に高くなります。しかし、可能性であって、確定ではありません。実際、甲状軟骨・舌骨が大き過ぎて、響く声は出るものの、LDP傾向に陥りやすく、コントロール性に欠けたひとを多く知っています。また、甲状軟骨・舌骨が小さく、歪な形状でも、発声関与筋の運動性を高め(筋肉の柔軟性と筋力)、咽頭共鳴腔を使いこなし、極上の声を生成しているひとも多く知っています。すなわち、基本的に良し悪しはありません。どれもが個性なのですから。



追記4:「昔、描いてもらった予想図より、詳しく描いてあるんですね?」と尋ねられました。おっしゃる通りです。この数年で触知による探査技能が格段に向上し、以前では見抜けなかった細部の形状や硬軟など、わかるようになりました。無論、完璧ではありませんが、ほぼほぼ正解に近いと考えています。さあ、あなたも本当の自分の喉を知りたくありませんか?




ボイスケアサロン

會田茂樹(あいだしげき)





by aida-voice | 2024-06-06 08:52