声ってスゴイ… 【めざましテレビ】


Yahooの記事に、2024515日に放送された『めざましテレビ』の内容が載っていました。


大見出しが「オンラインゲーム→恋愛 声が鍵?」で、記事のタイトルが「恋愛や結婚も! オンラインゲーム若者の出会い活用法を【ココ調】 カギは? 対面無しでカップル成立も」です。


もうこれだけで、何を言いたいかがわかりますね。


自己を表現したり伝えたりする二大ツールは声と文字。


もちろんジェスチャーなどもありますが、これ単一で、その人の気持ちを正確に伝えるのは難しいでしょう。


さて、声と文字には、長所と短所があります。


長所から。


声は、短い時間で、相手の心に響く言葉を投げかけられます。


速度や抑揚などで、変化もつけやすい。


そして、録音しない限り、後に残らない。


逆に、文字は、消えてなくならないので、繰り返しの精読により、読み手の心をがっちりつかむことができます。


つまり、深く正確に伝えられます。


声にも文字にも、まだまだ長所は数々存在します。


次に短所。


声は、「言った・言わない」と、各種問題に対し、感情的になりやすい。


ときに『しゃべるのが苦手』など、人それぞれの個性に左右されることも多い。


文字は、頭で考えた事柄を文章に起こし、推敲も含め、表現するまでにやや時間を要します。


また、記録として残るため、各種問題に対し、有利にも不利にもなります。


やはり、声にも文字にも、まだまだ短所はあると思います。


これらから、声と文字の、どちらが優れているとは決められません。


さて、わたしの専門は声ゆえ、声に関してお話ししましょう。


過去に載せた喉ニュースに「アメリカの心理学者アルバート・マレービアン博士の実験では、ひとが他人から受けとる情報の割合について、顔が55%、声が38%、話の内容は7%であると報告されていました」の一文を覚えていますか?


話の中身より、見た目と声の様子だけで、他人は勝手にあなたを判断するという、衝撃的なレポートでした。


オンラインゲーム(音声あり)のような共通の目的意識を有した環境下では、声の質が相手の心情を大きく揺り動かし、異性の場合は恋愛に、同性の場合は固い友情に発展するケースも理解できます。


ただし、マナー違反のゲーマーに遭遇したり、勧誘・詐欺などに引き込まれたりなど、悪いケースに細心の注意を払う必要があります。


どちらにせよ、声ってスゴイ・・・


おっと、何やら脈絡がない冗長な駄文になってきましたね。


これにて失礼します。





声ってスゴイ… 【めざましテレビ】_e0146240_06220184.jpg




ボイスケアサロン

會田茂樹(あいだしげき)





by aida-voice | 2024-05-19 06:34