質問と回答


質問〔声で苦しむTY様〕

前回に続き、教えてください。

最近は声のために喉をマッサージする施術者も増えましたが、どんな基準で選んで行けばいいですか?




回答〔會田茂樹〕

声は、声帯ヒダはもちろん、喉頭周辺の筋肉によって生成される事実が浸透してきたことを、大変うれしく思います。

そのような施術を行うセラピストが増えたことは、非常に喜ばしいですね。

さて、優秀な施術者の特徴を列記します。

あなたの喉と声のために、非常に重要なポイントとなります。

①喉頭周辺の知識が豊富なこと〔当然至極〕

②軟部組織の触知例数が多いこと〔累計10万人以上が望ましい〕

③触知技術の鍛錬を続けていること〔20年以上の経歴を推奨〕

➃耳が良いこと〔ほんの少しの声(音色)の違いを聞き分ける能力〕

⑤音楽やオーディオに詳しいこと〔これもかなり重要〕

そう、簡単に言えば「匠の世界に没入している施術者」を選ぶこと。

発声関与筋は、他の筋肉と異なり、小さく、動きが曖昧。

それを的確に探し出し、効果あるアプローチを求めるには、やはり並大抵の技能では不可能です。

ボイスケアは、街中に点在する慰安系のマッサージではありませんからね。

では、もっと簡単に判別する方法は?

あります。

施術中に意識を集中して、以下を感じ取ってください。

指が皮膚に触れる瞬間、優しく柔らかいかどうか。

そして、静かに穏やかに深く入り込んでくるかどうか。

指が皮膚から離れる瞬間、丁寧にスッーと心地良いかどうか。

雑なタッチを感じたら、それはダメな施術者の可能性が高いでしょう。

実は、ボイスケアは、術者と被術者の共同作業なのです。

最後に、絶対的なポイントをお伝えします。

それは、術者が、左右の手指を使ったかどうかです。

実は、母指と示指では、触知する指の面積が異なります。

加えて、母指と示指では、触覚の感度も異なります。

よって、左右の手指を使わないと、正確性に欠ける検証結果となるデータもあります。

例えば、右手で検査した後に、左手でも検査する。

これをしない施術者は、遠慮した方が良いかもしれません。

もちろん、わたし(會田茂樹)が無能なだけで、この世には、片手だけで正確に判断できる先生がいらっしゃるかもしれませんが・・・

是非、素晴らしい施術者に出会えることをお祈り申し上げます。





質問と回答_e0146240_23505904.jpg




追記1:ボイスケア(喉頭クリニカルマッサージ)の真骨頂は、如何に筋硬度のアンバランスや左右差のエッジを見つけ出し、それらを是正改善していくか!



追記2:喉頭クリニカルマッサージの名は、恩師の故一色信彦先生に命名していただきました。感謝の念に堪えません・・・




ボイスケアサロン

會田茂樹(あいだしげき)





by aida-voice | 2024-05-08 00:21