ボイスケアサロンのデメリットは?


正直にお伝えしますね。


デメリットは、3つあります。


一つめは、効果があるかないかは、施術を受けてみないとわからないこと。


まずは、この効果という部分が正確性に欠けます。


施術を受けて歌が上手くなることはありません。


施術を受けて声の病気が治ることはありません。


ただ、声が出しやすくなるだけ。


施術の効果とは、たったそれだけに過ぎません。


さらに、その声の出しやすさが、一回の施術で奏功するかどうか、わからない。


加えて、声の出しやすさが、永続獲得するかどうか、わからない。


曖昧な発声関与筋が相手ゆえ、やはり、効果も曖昧になりやすいと考えています。


ちなみに、8割以上の皆さまから「施術で効果を感じた」とのアンケートデータを有しております。


それでも、効果の有無や高低などは、施術を受けてみないとわからないのが実情です。


二つめは、施術費用が高額であること。


よく「高すぎる!」とお叱りをいただきます。


残念ながら、世界初となる外喉頭からアプローチするボイスケアの施術は、研究開発に多額の費用と時間がかかります。


明確な事実として、ボイスケアが誕生したのは、音声音響研究所が存在したから。


その音声音響研究所の運営費も捻出しなければなりません。


それらの大部分は私費を投じ、一部をご奇特な方々のご寄付による善意で成り立っています。


高額な施術費をいただいて、優雅な生活を送っているのではありません。


ご理解のほど、よろしくお願いいたします。


三つめは、予約が取り難いこと。


最新のボイスケアは、正確かつ集中を必要とするため、一日に極少数名しか施術できません。


お越しになるのは、近所にお住まいの方々ではなく、日本全国から。


関東地方が最も多いのですが、近畿地方や九州地方からも多くいらっしゃいます。


これまでの最北最南地域は、北は北海道名寄市、南は沖縄県宮古島市。


最近は、海外からお越しになる方もいらっしゃいますね。


したがって、予約が取り難いことをお詫び申し上げます。


さらにさらに、前述の如く、音声音響や発声医科学の研究をメインとしているため、実験研究の進捗状況により、ボイスケアサロンをお休みさせていただく日時も多々あります。


もし、お越しになられたら、持てる知識と技術を惜しみなく注ぎ、全力で施術させていただきます。






ボイスケアサロンのデメリットは?_e0146240_13435784.jpg





追記:ボイスケアの真骨頂は、如何に筋硬度のアンバランスや左右差のエッジを見つけ出すかで、効果の結果が大きく変わってきます。ボイスセラピストや言語聴覚士の先生のアプローチを受ける場合は、その点を最大限に考慮してもらってください。人体の中でも、発声関与筋は複雑かつ微細な筋肉が集まっています。それらを探り出す技能を持つ優秀な先生にお願いしてください。あなたの喉と声のために・・・




ボイスケアサロン

會田茂樹(あいだしげき)





by aida-voice | 2024-04-28 02:13