そろそろ誤った声帯信奉をやめませんか⁉


声の良さを決めるのは声帯がメインじゃない。


共鳴腔で決まる。


この当たり前の事実を、再確認してください。


声をアコースティックギターに例えると、声帯は絃、共鳴腔はボディ、喉まわりの発声関与筋はネック&ヘッドと運指。


音質に最も関与する部位は、もちろんボディであることは、言わずもがなでしょう。


ほとんどの歌手が「声帯が…」「声帯が…」とおっしゃっていますよね。


残念ながら、科学が進歩した現在でも、ずいぶん間違った認識がまかり通っています。


喉ニュースの読者であるリテラシーの高い皆さまは、真実を理解し、是非、正しい知識を広めてください。


MartinD-45は高級アコースティックギターとして有名です。


一本100万円以上。


この逸品を100万円としたら・・・


パーツ価値は、絃が99万円、ボディが1万円でしょうか?






そろそろ誤った声帯信奉をやめませんか⁉_e0146240_22145865.jpg





※本記事に関する質問や意見は受け付けません。内容は私論であり一律一切の責務を負いません。

ボイスケアサロンⓇ







by aida-voice | 2023-02-03 02:39