マスクとボイステープ


コロナでマスクは必需となりました。


一日中マスクを着用していると、暑かったり、息苦しかったり、頬や耳が痛くなったり・・・


さて、そんな中、知人の中小企業経営者に頼み、その会社のスタッフに、ボイステープを貼った状態でデスクワークをしたときの様子をモニタリングしてもらいました。


概要は以下。




人数:10名(年齢性別不問)

仕事内容:主にデスクワークの皆さん(社内では原則マスク着用)

貼付場所:甲状孔の直上

時間:出社から退社まで(約8時間)


結果

呼吸が楽だった 9

変わらない   1


まとめ

参加者は、自社の社長(トップ)から直接お願いされたため、忖度があると思われるが、かなり良いデータとなった。




実際、わたしの家族や友人が、マスク状態で甲状孔にボイステープを貼ったところ、おおむね「貼らないより貼った方が良い感じ」との意見でした。


ボイステープのことを「まやかしだろう」と冷ややかに見ていた家族も、猛暑で耐えられないのか、「もう少し欲しい」と言ってくるので、あながち間違った結果ではないと考えます。


今後の課題は、被験者の分母を増やし、より細かい検証を積み上げなければなりません。






マスクとボイステープ_e0146240_14431304.jpg




本記事に関する質問や意見は受け付けません。内容は私論であり一律一切の責務を負いません。






by aida-voice | 2020-09-02 14:46