声の短問短答【続編】600


「経営は大丈夫?」



新宿の舞台公演でコロナのクラスター感染が確認されたようですね。


閉じられた空間での発声により、高い感染リスクが示されました。


ボイスケアサロンは、発声や歌唱を伴い、かつ、超至近距離で施術を行います。


また、線路脇のビルで、山手線・埼京線・湘南新宿ライン・成田エクスプレス・りんかい線など、常にどこかの電車が走っており、騒音と振動はすさまじいものです。


そのため、昨夏の恵比寿移転時には、施術室の防音と防振の対策に1500万円をかけました。〔もちろん借金です・・・((+_+))


施術中は窓を開ける換気ができません。


もし、感染者がいたら、施術室にいるひとは確実に感染するでしょう。


よって、いまだに営業再開できない。


ご質問の答えですが、328日から臨時休業を開始し、3か月以上、売上は0円です。


営業目的に内部留保していた資金は底をつき、7月から預貯金を切り崩して充当しています。


前述のごとく、昨年に大きな借金をしましたので、これ以上の借り入れは困難です。


まずは、音声音響研究所のオーディオ機器や自家用車を売って、この窮地をしのごうと考えています。


ただ、それほど悲観はしていません。


今回の出来事は誰のせいでもない自然災害ですから、もし倒産しても、潔くすべてを受け入れます。






声の短問短答【続編】600_e0146240_09331994.jpg




※本記事に関する質問や意見は受け付けません。内容は私論であり一律一切の責務を負いません。







by aida-voice | 2020-07-12 09:37