ボイステープと喉頭深奥ポジション


コロナの影響で、人に接することができず、思うような検証実験ができない現状ですが、喉頭深奥ポジション(旧LDP)のお悩みを持つ3名の方に「ボイステープは喉頭深奥ポジションに効果があるのか?」の実験にご協力いただきました。


約一か月間、毎日、一日6時間ほど貼付してもらいました。


その結果、3名中全員が「のどが開いたような感じがする」「呼吸が楽になる」「喉の詰まりが減った」と、効果的な評価をいただきました。


残念ながら、直接、会って触知検査ができず、客観的な硬さや動きを調べられないため、このデータは正確性に欠けます。


しかしながら、本人が効果を実感できたならば、例えプラセボ(プラシーボ)効果だとしても、検証実験して良かったものと考えております。


今日、東京都は過去最高の感染者数となりました。


ボイスケアサロンの再開は遠のくばかりです・・・






ボイステープと喉頭深奥ポジション_e0146240_16435046.jpg





追記1:ボイステープの研究を始めたのは2008年の春から。下の写真は20081016日、かの有名なボイストレーナーAkira先生にご協力いただいたもの。それ以来、長い月日、莫大な資金と労力をかけ、今般、ファイテン株式会社様のご協力を得て、やっと完成しました。



ボイステープと喉頭深奥ポジション_e0146240_16440636.jpg




追記2:その後の調査によると、3人中2人が、二週間ほどで元に戻ってしまったそうです。やはり、決定的な解決策には至らないですね・・・





※本記事に関する質問や意見は受け付けません。内容は私論であり一律一切の責務を負いません。







by aida-voice | 2020-07-09 16:46