輪状甲状関節脱臼



医師から反回神経麻痺と診断された後、


当サロンにお越しになった方のお話し。



ある夜、


かなり酔って友人と殴り合いの大喧嘩。



気付くと、


翌朝、


自宅に居たそうです。



顔にあざと口角付近から出血。



体の他の部位は問題なし。



友人から謝罪の電話があり、


本人も行き過ぎたと感じ、


謝ろうと声を出した瞬間・・・



「あれ、声が出ない!」



ずいぶんかすれて、


息漏れの小さな声。



どう頑張っても正常な声が出ない・・・




~途中割愛~




当サロンでチェックした結果、


片側の輪状甲状関節前方脱臼が確認されたため、


甲状軟骨を斜めに倒して甲状軟骨下角を浮かせながら輪状軟骨を正常位置へ移動。



この動作により整復完了。



直後から声が出るようになりました。



その後、


反回神経麻痺と診断した病院で再検査を受けたところ


「反回神経麻痺が治っているね」


と言われたそうです。



声が戻って良かったですね。






輪状甲状関節脱臼_e0146240_07165251.jpg




かわらぬご愛顧に感謝!

平成2年44日開業(創業29周年)

まだまだ進化の歩みは止まらない …





声のための
リラクゼーション&フィジカルトレーニング
ボイスケアサロン




Detailed voice dictionary
 
輪状甲状関節脱臼_e0146240_08162803.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2020-01-01 07:20