声の短問短答【続編】549



「声帯がむくむって、どういうこと?」



声帯ヒダは、


主に声帯筋と声帯粘膜で構成されています。〔正確には5層構造〕



つまり軟部組織。



それらが水分過多、


または、


血流が滞ったとき、


声帯が浮腫むと表現するようです。



このとき声帯ヒダは、


①重量が増す〔低音化や嗄声〕

②厚みが増す〔低音化や嗄声〕

③声帯筋の運動性が落ちる〔ピッチやリズムが狂いやすい〕

④声帯粘膜の振動率が悪くなる〔ファルセットが難しくなる〕


などにより、各種発声力が低下する可能性を秘めています。



体調不良、疲労、寝不足、過飲酒、生理(女性)、その他(声帯の病気)などで起こることが多いと言われています。




声の短問短答【続編】549_e0146240_06574981.jpg





追記:病気でない声帯の浮腫みを改善するには、チョキ開大運動が最適!







かわらぬご愛顧に感謝!

平成2年44日開業(創業29周年)

まだまだ進化の歩みは止まらない …





声のための
リラクゼーション&フィジカルトレーニング
ボイスケアサロン




Detailed voice dictionary
 
声の短問短答【続編】549_e0146240_08162803.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2020-01-01 07:00