カラオケ セルフ歌唱チェック法



カラオケで歌うとき、


大音量の伴奏に紛れ、


自身の歌声がよく聞こえない。



結果、


大きな声で必死に歌いだす。



この状況に陥ると、


極上な歌唱は困難になる。



そこで自分の声状態を確認しながらカラオケを歌う方法があります。



それはマイクの持ち手の反対の掌(手のひら)を、


耳輪をかぶせるように覆い、やや丸めます。



すると、


歌っている自分の声がよく聞こえます。



そう、知っていますよね。



プロシンガーがレコーディングするとき、


必ずイヤーモニターで自分の声を聞き確認しながら歌っていることを。



最後に、


ある程度、歌い込んだら、


放して歌う練習も忘れずに。



だって、


常時、耳に手を当てて歌っていたら、


みっともないですよ。





カラオケ セルフ歌唱チェック法_e0146240_11431626.jpg





かわらぬご愛顧に感謝!

平成2年44日開業(創業29周年)

まだまだ進化の歩みは止まらない …





声のための
リラクゼーション&フィジカルトレーニング
ボイスケアサロン




Detailed voice dictionary
 
カラオケ セルフ歌唱チェック法_e0146240_08162803.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2019-12-26 11:44