声の短問短答【続編】548



「歌の先生からお尻の穴をしめなさいと言われますが、これで本当に歌が上手くなるのですか?」



これは『他部位意識による発声関与筋弛緩法』の一つですね。



喉を無意識にして脱力する目的で、


両手に重いもの(棒やペットボトルなど)を持たせたり、爪先立ちをして重心の安定に意識を向けさせたり、


教える先生によって独自の方法が多数あるようです。



お尻の穴をしめるのも、この範疇ですが、


腰臀部の筋肉をしっかりさせることで支えが構築される役割も含んでいるのではと思います。



皆さんも、是非、いろいろ試してください。



驚くような方法で、


喉の力が抜けるかもしれませんよ!






声の短問短答【続編】548_e0146240_12233714.jpg





かわらぬご愛顧に感謝!

平成2年44日開業(創業29周年)

まだまだ進化の歩みは止まらない …





声のための
リラクゼーション&フィジカルトレーニング
ボイスケアサロン




Detailed voice dictionary
 
声の短問短答【続編】548_e0146240_08162803.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2019-12-19 12:24