過激な YouTube に注意!



先日、


「ユーチューブを観ていたら喉の体操(圧迫マッサージ系)があったので、試した直後から声が出づらくなってしまいました」と


訴えるひとが来ました。



耳鼻咽喉科や整形外科で診てもらったがわからない。



そこで調べに調べ、


ボイスケアサロンにたどり着いたようです。



初見時、


丁寧に触知検査およびビデオ検査をした結果、


左茎突舌骨筋・舌骨小角から3センチのところに筋筋膜断裂と思われる痕跡が確認されました。



数か月経過しているため、


損傷部位からのごく少量の出血が固まり、


小さな瘢痕ならびに組織癒着も触知できます。



また、


相当の力をかけたのか、


左茎状突起先端周辺にも圧痛があり、


筋腱移行部の微傷も疑われました。



なお、


当該部の自発痛はそれほどでもありません。



これらの結果、


発声時の動きが鈍り、


声が出しにくく感じたり、


歌いづらくなったりしたものと推察します。



このままでは、


喉頭自重により、


徐々に茎突舌骨筋が伸び(茎突咽頭筋にも波及する可能性あり?)、


いずれ喉頭捻転を引き起こし、


さらに発声時の違和感が増すでしょう。



処置としては、


左茎突舌骨筋に沿って弾性テーピングを貼り、


安静を保持するため簡単な頚椎カラーを装着しました。



飛行機を利用するほど遠方にお住まいゆえ、


次は2週間後に来ることになりました。



その間は、


毎日テーピングを貼り換え、


休日や自宅に居るときは可能な限り頚椎カラーをはめるよう指示しました。



改善までには時間がかかるであろう旨を伝えましたが、


はたして2週間でどのくらい良くなるか・・・ 



今後も経過報告できればと考えています。





過激な YouTube に注意!_e0146240_08230311.jpg




追記1:この件を文章にする許可はいただきましたが、テーピングを貼った写真は「恥ずかしいからやめて欲しい」とのことで載せません。なお、このひとの場合、放置しても、これ以上酷くなったり、声が出なくなったりすることはないと考えます。〔これまで数多くの喉頭外傷を見てきた経験上〕



追記2:外喉頭の外傷後や甲状腺摘出手術後の瘢痕・癒着を探り出す際は、リンパ節と間違えないよう綿密な触知技能が要求されます。



追記3:わたしもYouTubeは好きで、よく観ています。再生回数を増やす目的でしょうか、ときどき過激過ぎる発声法やエキセントリックな喉運動法も見受けられますね。投稿は誰でも自由で、行為採択は視聴者の自己責任ですが、まずは投稿者の素性や信ぴょう性を確認し、少しずつ試しながら行うことをおすすめします。やはりケガしてからでは遅いので。








かわらぬご愛顧に感謝!

平成2年44日開業(創業29周年)

まだまだ進化の歩みは止まらない …





声のための
リラクゼーション&フィジカルトレーニング
ボイスケアサロン




Detailed voice dictionary
 
過激な YouTube に注意!_e0146240_08162803.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2019-12-10 08:51