無駄だと思われている喉のフィジカルトレーニングは無駄ではない?



多くの歌手、


特に何の努力もしないで売れてしまった歌手は、


歌の訓練は無駄だと思っていらっしゃる。



ときどきボイストレーニングは受けても、


基礎訓練である発声関与筋のストレッチやフィジカルトレーニングには無頓着。



これらは果たして無駄なのでしょうか?



まず、


声が、声帯ヒダを含む喉の筋肉による運動の産物であることは、


ごく一部の懐古主義者を除き、周知の事実。



よって、


ほとんどのひとは喉の筋肉の重要性を知っています。



ところが、


発声や歌唱のとき、


喉の筋肉の動きを察知することなく声や歌が出来上がってしまう。



つまり、


無意識の状態で声や歌が作られるのです。



放っておいても歌えるから・・・



ほぼこんな感じ。



しかしながら、


喉のフィジカルトレーニングで発声基礎力をつけると、


①高音や低音が出しやすくなる

②音域が広がる

③声量が増す

④声のコントロールが高まる

⑤長時間歌っても疲れないタフな喉になる

⑥器質性疾患(声帯結節やポリープ様声帯など)の予防になる


が叶う可能性が高くなります。



したがって、


無駄だと思われている喉のフィジカルトレーニングは無駄ではないのです。




無駄だと思われている喉のフィジカルトレーニングは無駄ではない?_e0146240_07441252.jpg





追記1:喉のフィジカルトレーニングを、他のスポーツで例えるなら「走る」「飛ぶ」「投げる」を鍛えるようなもの。これら基礎が充実すれば、野球だろうがテニスだろうがラグビーだろうが、上達しやすい。これと同じ。



追記2:ただし、これも繰り返しますが、発声関与筋の柔軟性が確保され、筋力が伴ったとしても、声が出るようになったり美声になったりプロの歌手になれたりする“保証”はしていませんからね。








かわらぬご愛顧に感謝!

平成2年44日開業(創業29周年)

まだまだ進化の歩みは止まらない …





声のための
リラクゼーション&フィジカルトレーニング
ボイスケアサロン




Detailed voice dictionary
 
無駄だと思われている喉のフィジカルトレーニングは無駄ではない?_e0146240_08162803.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2019-12-07 07:37