あなたは輪状甲状を探し出せる?



自分の輪状甲状を“正確に”探し出せますか?



テキトーに「この辺り?」ではダメ。



どのような理由で、どんな順に、どこを触っているかを


克明にしながら行ってください。



これまで数多くの皆さんに試してもらいましたが、


ほとんど無理。



知人の医師でさえ、怪しい手捌きに驚きを禁じ得ませんでした。



どうすればピンポイントでブレずに探し出せるか?


1:常に発声医科学を学ぶ〔外喉頭の解剖学と運動学〕


2:実際に何万人もの外喉頭に触れる〔常に喉頭予想図を描くこと〕


3:日々、指先を徹底的にトレーニングする〔アクティブタッチの習得〕


4:摘出喉頭の触知検証で確認を繰り返す〔医師との共同研究〕



この作業の反復を飽くことなく鍛錬すれば、


正確な位置を探査できるようになるでしょう。



やはり何年もかかる・・・



そう“時間”と“根気”と“費用”がハンパない。



「そんなの簡単さ」と


お気楽に語るひとが多いのを残念に思います。






あなたは輪状甲状を探し出せる?_e0146240_07473672.jpg






追記1:多くの皆さんは、輪状甲状筋は皮膚の直下にあると思っていますが、これも間違い。皮膚⇒皮下脂肪⇒広頚筋⇒胸骨舌骨筋⇒甲状腺⇒輪状甲状筋の順に配置されているのです。触れるには、指を差し入れると同時に各組織を探り分け、中でも胸骨舌骨筋は筋線維を反対指で、よけながら行います。したがって、指一本で触っている時点で失格ですね。



あなたは輪状甲状を探し出せる?_e0146240_07512461.jpg

術者の右手薬指と左手示指中指で広頚筋を対角線に張り、
右手中指で胸骨舌骨筋を側方に寄せ、
右手示指で輪状甲状筋垂部を探っている様子の写真





追記2:一人前のボイスセラピストになるには、上記に加え、5:耳が良い(微細な音の違いを聞き分ける能力)、6:音楽や歌に造詣が深い、が必須です。








かわらぬご愛顧に感謝!

平成2年44日開業(創業29周年)

まだまだ進化の歩みは止まらない …





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
ボイスケアサロン




Detailed voice dictionary
 
あなたは輪状甲状を探し出せる?_e0146240_08162803.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2019-11-23 08:02