あなたの声は本当に響いている?



自分では「声がよく響いている」と感じているひとに限って、


他者に声が届いていないことが多いのは・・・



本当です。



まず、自分の声って、


録音したときと違うと感じませんか?



でも、他者は、


録音して再生したときの音を、


あなたの声として認識しています。



なぜ?



それは、


下顎骨の骨伝導による振動音が含まれているから。



つまり、


あなたが発した声は、


まず下あごの骨を伝わって音として感知します。



次に、


口や鼻から出た空気の振動(粗密波)が外耳から入り、


鼓膜を振動させて音として感知します。



この二段階により、


あなたは自分の声を聞いているのです。



二つの音が混ざっているゆえに、


自分の声がわかりにくいのです。



さて、響きの話をしましょう。



響きを、空気の振動と考えます。



自分の声が素晴らしく響いていると感じるとき、


何が起こっているのか?



上記二つのうち、


口や鼻から空気中に放出された振動が弱いと、


耳から入って鼓膜に伝わる振動も少なくなり、


骨伝導の振動が勝り、


自己の響き感が増します。



この状態のとき、


他者はあなたの骨伝導の振動は得られないため


「なんだか響きが少ない小さな声だな」と感じるでしょう。



ここで想像してみてください。



あなたの顔の前10cmくらいに


顔と同じ大きさ程度の板を立てます。



あなたの発した声は板に反射し、


自分は大きな声だと感じます。



しかし、


板の向こう側にいる他者は、


あまり聞こえません。



響きの観点からは遠ざかった例えですが、


聞こえ方のワンケースとしてご理解ください。



よって、


自分でよく響いていると感じているときは、


下顎骨の骨伝導が優位な場合が多いので、


録音してみたり他者に確認してみたりすることをおすすめします。



いつもながら声って、


お・も・し・ろ・い!






あなたの声は本当に響いている?_e0146240_07534726.jpg






追記:録音して再生した声に関する部分の補足です。録音機器および再生機器の性能によって異なる結果となる可能性は否定できない旨をお伝えしておきます。






かわらぬご愛顧に感謝!

平成2年44日開業(創業29周年)

まだまだ進化の歩みは止まらない …





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
ボイスケアサロン




Detailed voice dictionary
 
あなたの声は本当に響いている?_e0146240_08162803.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2019-11-10 08:09