歌の答えは呼吸にある?



「歌が上手くなるには呼吸を極めるだけでいい」とおっしゃる有名ボイストレーナーの考え方には、


ある程度、賛同します。



なぜなら声=音は空気の振動。



その空気の振動は、声帯ヒダによって生成される。



声帯ヒダは呼気、つまり空気の流れによって動かされる。



空気の流れは呼吸が担う。



そう、呼吸あっての声。



その呼吸をコントロールできれば、歌は上手くなる。



これは明らかだと思われます。



ただし、歌は呼吸だけでなく、


声帯を含む発声関与筋の運動性や


共鳴腔の利用率が複合して成り立ちます。



自動車で例えるなら、呼吸はエンジン。



でも、エンジンだけで車は走りません。



ボディやハンドルやアクセルやタイヤなど、


さまざまな機能やパーツが揃ってこそ、


実際に走行できます。



それでも、


大きなポジションを占めるのは間違いありませんので


「歌に呼吸は最重要」は正しいと思います。






歌の答えは呼吸にある?_e0146240_10373725.jpg





追記:通常のしゃべり声と歌の違いを問われると、いつも「歩く」と「走る」で例えます。会話声は「歩く」、歌唱は「走る」。歩いている状態から走り出しても、足が4本に増えたり、関節の数が変わったりはしませんよね。動くスピードや大きさが変わるだけ。発声関与筋も同じで、会話声より歌声の方が、筋肉が早く大きく動いているのです。総じて、しゃべり声に、息が流れ、リズムとメロディーが加われば、歌になるのです。







永らくのご愛顧に深謝 …

199044日開業(創業29周年)

しかし進化の歩みは止めない …





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
ボイスケアサロン




Detailed voice dictionary
 
歌の答えは呼吸にある?_e0146240_08162803.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2019-10-24 10:42