米津玄師さんも使いこなしているリセット唱法



急峻な高音の際に威力を発揮するリセット唱法。



米津玄師さんも、実にうまく使っていますよね。



今日は、その「原理」と「やり方」を詳しくお伝えしましょう。





Ver1.1 時限掲載 終了





さあ、リセット唱法で、あなたも“高音達人”になってください!





お待たせしました。2種類(LARUAD)の比較も検証できました。謹んで発表させていただきます。






e0146240_05002725.jpg






追記1:米津玄師さんを含め高音歌唱を得意とする歌手が無意識に習得したケースが多いのもリセット唱法の特徴ですね。




追記2:リセット唱法のオーバーアクションには気をつけてくださいね。なぜなら、跳躍的ハイピッチが叶っても・・・【時限掲載内にパスワードあり ⇒ シークレット喉ニュースに詳しく書きました!】








追記3:リセット唱法を低音発声に使えないかとの疑問にお答えします。多くのひとは音の高さを急激に下げると、外側輪状披裂筋と甲状披裂筋の筋力バランスが崩れて支えきれず低音が安定しない傾向になります。リセット唱法の反対を目指しても残念ながら低音時に活かせるとは考えられません。それよりも内筋と閉鎖筋の運動性と即効性を高められるような喉頭環境を作り上げるためにハンギングマッスルのポイント強化が有益かもしれません。ただし茎突咽頭筋に極端な左右差がある場合と茎突舌骨靱帯が通常より短縮または太くて強固な場合、低音用咽頭共鳴腔構成が困難となるため〔補足〕、この方法以外を模索するのがベターと思われます。

補足:上説に加え、舌骨大角(後端部)に付着する下咽頭収縮筋の筋線維水平部に内在する結合織が Many & Shrinkな場合も含まれます。




追記4:時限掲載は運よく見つけたひとだけの特典。閲覧可能時間は数分から数時間。施術室で、あるいは、個人的に尋ねられてもお答えしておりません。当該記事は少しずつ加筆して複数回の時限掲載予定。






永らくのご愛顧に深謝 …

199044日開業(創業29周年)

しかし進化の歩みは止めない …





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
ボイスケアサロン




Detailed voice dictionary
 
e0146240_08162803.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2019-11-14 09:38