柔らかくて強い声の筋肉を作ろう


発声関与筋は薄く小さいものが多い。

間違っても、硬く重い筋肉を作り上げてはいけません。

①俊敏な動きが阻止されてリズムコントロールが乱れるので、歌唱に不向き。

②筋肉の収縮率が低下して音域も狭くなるので、歌唱に不向き。

③動かすために過度なパワーが必要となって声のスタミナが落ちるので、歌唱に不向き。

以上の三点が挙げられます。

もちろん、ボディビルなら話は別ですよね。

ただし、外喉頭筋のみ鍛え、見せるための美筋を目指している歌手は、一人もいないのではと思いますが・・・





e0146240_16455428.jpg





追記:よって、ボイスケアサロンでは、第一に外喉頭筋の柔軟性の獲得と保持、第二に発声関与筋の筋力アップを目指しています。つまるところ、声はアートを纏ったスポーツなのです。







喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2018-11-21 16:46