チープマイク対策


高音質マイクは、あなたの声の良さをすべて拾ってくれますが、低音質マイクはそうはいかない。

これまで多くの歌唱者を見てきた結果、下手なひとのほとんどが過剰熱唱の傾向にありました。

それは、低音質マイクを使っているから。

あなたが表現したい自由できめ細やかな声を取り込んでくれない。

スピーカーから流れる自分の声がよくわからない。

そこで必死に歌いだす。

過剰な抑揚をつけたり、無茶なシャウトをしたり、オーバーシンギングに陥ります。

実際、あなたの大好きな歌手が、レコーディングの際、1,000円程度の安価なマイクを使っていると思いますか?

違いますよね。

ファンの皆さんに極上の声を届けるため、可能な限り高音質マイクを使っているはず。

だから、あなたがカラオケボックスで真似ても、高音質マイクで録音した音には敵わない。

では、何か策はないのか?

あります!

それは、マイクヘッドを軽く掌(てのひら)で包み込むようにして歌うこと。

できるだけ、マイクを口に近づけること。

この二点で、力を込めて叫ばなくても、スピーカーからあなたの声が聞こえてきます。

次に、ここからは上級編。

息音を拾わせないよう、覆う手をマイクヘッドよりやや高い位置とし、示指基節骨あたりに呼気を当て、音声を反射させてマイクに送り込めば、さらに良音を作り出せます。

さらに慣れてくれば、五指それぞれの間を調整しながら開けて、音質や響きをコントロールすることもできます。

これらのマイクテクニックを駆使して、どんな機材や環境にも対応できる能力を養っておきましょう!




e0146240_11185972.jpg





追記:最近のカラオケ機材の進歩により、昔に比べ、かなり高性能になってきました。誠に喜ばしい限りです。







喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2018-09-10 11:28