過緊張性歌唱


一曲目を歌いだしてすぐに「なんだか喉が硬く声が出し難いなぁ」「力を入れないと歌えないよ」「口のまわりの筋肉が疲れて痛い」「すぐに息切れしてしまう」と感じるひと、それは過緊張性歌唱の疑いがあります。

その状態を繰り返し長らく続けていると、喉頭は奥に入り込み固まってしまいます。

そう、これぞLDPですね。

病気でもなく、日常会話にも悪影響はありませんが、歌唱時の運動性能を阻害するのは間違いありません。

声を生業とするプロの歌手や歌を愛する皆さまにとって、過緊張性歌唱は大敵です。

聴くひとのことを考えて・・・




e0146240_23362633.jpg





追記:LDPは「ウエットスーツ(ダイビングで着用するゴム製の潜水服)を着てダンスしているようなもの」と例えられます。動けないわけではないが、めちゃくちゃ動き難い。いつもながら「そんなの脱げばいいのに…」と思ってしまいます。







喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2018-09-05 00:05