声の短問短答【続編】513


「僕の喉仏が右に曲がっているのですが、これは病気や異常なのでしょうか?」


日常生活に不都合があったり痛みがあったりする場合は、すぐに病院を受診してください。

そうでなければ、個性の範疇に属すものと考えます。

これまで2万人以上の喉頭を調べてきましたが、誰一人として同じ形状に出会ったことがありません。

甲状軟骨が大きかったり小さかったり、甲状軟骨板が厚かったり薄かったり、舌骨がU型であったりV型であったり、舌骨が太かったり細かったり、輪状軟骨の縦が長かったり短かったり、輪状軟骨関節窩の面積が広かったり狭かったり、喉頭全体が右に捻転していたり左に捻転していたり・・・

枚挙に暇がありません。

日常生活に問題なく痛みも伴わないなら、病気や異常ではないと思われます。





声の短問短答【続編】513_e0146240_15024349.jpg





追記1:各人の喉頭形状が異なるからこそ、十人十色の声が存在するのです。そう、人体って不思議がいっぱい。





追記2:あまりに気になるなら、まずは医師に相談してください。







喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
声の短問短答【続編】513_e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2018-07-29 09:26