LDPは放置すればするほど改善が遠のく…


喉頭がギュッと奥に入り、喉頭周辺の筋肉が硬くなる。

詰まり感や声の出し辛さに悩まされる状況が続く… LDP

LDPは病気ではなく筋肉(外喉頭筋群)の“癖”のようなもの。

したがって、そのまま放置しても何ら問題はありません。

ただ、そのままにしておくと、この不快なLDPは改善の機会を失い、一生の付き合いとなってしまいます。

早期のアプローチにより、改善の率は高まります。

意を決し、ボイスケアサロンに来たにもかかわらず、ちょっと遅かったため、なかなか改善しないケースが多々あります。

もし、改善を望まれるのでしたら、早めのお越しをおすすめします。

解決するまで、放置した同じ時間、いいえ、倍くらいの時間がかかると承知してください。

早ければ早い方が早いのです!




e0146240_14105628.jpg






追記1:病気で喉が詰まる場合は、医師の処置や薬で治してくださいね。繰り返しますが、LDPは病気ではなく、喉の筋肉が硬く奥まった状態を示す造語です。





追記2LDPの改善は、可否や早い遅いなど、個人差が大きい特徴があります。ボイスケアでもお役に立てない例が多々あります。受術は、熟考のうえ、ご自身でご判断ください。








喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2018-07-13 14:13