声の短問短答【続編】507


「會田先生は、嗄声を上手く使いこなすと艶歌で素晴らしいと仰っていましたが、聴くと良い歌手はいますか?」


はい、是非、嘉手苅林昌氏の歌声を聴いてください。

最初、知らずに聞くと「えっ? このお爺さんの枯れてくぐもった声って…、どうなの?」と思うでしょう。

そう言わず、何度も聴き込んでください。

あなたは、徐々に、彼の歌声の虜になるはず。

息を纏った(まとった)歌声が魂に染み込みます。

中でもおすすめの曲は、CD「沖縄しまうたの神髄」に収録されている「スーキカンナー」です。

わたしは何百回も聴いています。

お試しください。





e0146240_05571572.jpg





追記1:十数年前、嘉手苅林昌氏の外喉頭を研究しました。実際にお会いしたことはありません。音源や証言を求め、数度、沖縄へ行きました。画像から考察すると、喉頭状態の秀逸さに目が奪われます。きっと嗄声をコントロールする内筋の動作性と艶声に変換する梨状陥凹から咽頭共鳴腔の存在性に優れているのでしょう。舌骨の形状も素晴らしそうですね。




追記2:できるだけ良い音源と良い再生機器でお聴きください。嗄声を含む個性的な声は、チープな再生機器で聞くと、カスカスで暗い歌曲になってしまい、音声の良さを認識できません。加えてミラー効果にも注意が必要です。良音を聴き続けると良声になり、駄音を聴き続けると駄声になるデータがあります。ヒトは真似る生き物なのです。




追記3:留意すべき点もあります。良い音源と良い再生機器で聴き込むと、今まで素晴らしいと信じていた歌手の歌声が、実は、全然たいしたことないと気付いてしまうケースもあります。「あぁ、知りたくなかった…」と思う残念な瞬間です。








喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2018-05-02 06:09