正しく知ろう、鼻腔共鳴腔


確かに鼻腔共鳴腔は大事です。

でも、共鳴腔としての役割は少ない真実を知らないひとが大勢います。

良声に関係する空間の中で、鼻腔共鳴腔が一番だと思っているかもしれませんが、それは間違い。

実際、解剖の矢状断面図と模型で検証してみると、鼻腔内の容積の小ささに驚くはず。

鼻腔共鳴腔は、呼気を体外に排出する最終空間であり、声色の明暗を決める場所。

開口時は口腔共鳴腔、閉口時は咽頭共鳴腔(上咽頭を含む)が大きな容積を有します。

なお、最終調音である鼻腔共鳴腔が大切であるのも周知の事実ですからね。

ゆめゆめなおざりにしないでください。




e0146240_01495386.jpg





追記:鼻腔共鳴腔を活用して美顔に適したボイストレーニングが流行っていますが、基本的に的を射ていますね。美しい声と美しい顔をゲットしてください。








喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2018-03-27 01:54