声の短問短答【続編】502


「私は言語聴覚士です。数年来、喉ニュースを愛読しています。會田先生のご高説を拝聴したいと願っております。新規の枠を予約してご教授してくださいますか?」


いいえ、ボイスケアサロンは、あくまで施術を行う場です。

講義は行っておりません。

もし、予約されてお越しになっても、即座にお引き取りいただきます。

過去に数名の医師やボイストレーナーが講義を受ける目的で予約を取って来ましたが、拒否しております。

考えてみてください。

美容院へ行って「髪を切らなくていいので、髪の切り方を教えてください」と求める客がいますか?

これと同じです。

講義は、講習会やワークショップをときどき開催していますので、そちらをご利用ください。

お問合せありがとうございました。




e0146240_20393794.jpg




追記:ボイスケアサロンには、医師や歯科医師など医療関係者も数々お越しになっています。もちろん、学習のためではなく、声を高めるアプローチを受けるため。患者さんに良い声で接することの重要性を知っていらしゃる賢人ですね。






喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2018-02-06 00:34