声の短問短答【続編】501


「テレビ局の取材には応じていないって、どうしてですか?」


昔は、ちらほら、テレビやラジオの番組協力をさせていただきました。

おっしゃる通り、現在はお受けしていません。

これまでのほとんど、伝えたい内容が製作者サイドの都合で曲解されていたり、正しい発声医科学の啓蒙には至らないバラエティー番組であったり、本意ではない放送となっていました。

まあ、大衆メディアとは、これでOKなのでしょうが・・・

よって、出演をお断りしています。

やはり、わたしの本分は研究と施術ゆえ、そちらに心血を注ぎたいと思います。




e0146240_19274901.jpg




追記1:いつの日か、事実を正しく伝えてくださるメディアに出会った際は、出演や番組制作の協力は惜しまないつもりです。




追記2:ほんの少額ですが、某局の出演料未払いが続いています。忘れられたみたい…(笑)






喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2018-01-28 00:26