声の短問短答【続編】498


「喉頭が小さくても声優になれますか?」


もちろんです。

喉頭(舌骨・甲状軟骨・輪状軟骨)の大きさにかかわらず、声優にも歌手にもなれます。

喉頭の大きさは、声の質に関与してきます。

大きい方が声質や響きが良くなる可能性が高くなるだけのこと。

これは、アップライトピアノよりグランドピアノの音質が豊かである事例からもわかります。

しかし、アップライトピアノには良い点もたくさんあります。

軽妙な音は、ジャンルを選びません。

加えて運搬移動が楽です。

これと同じように、喉頭が小さい場合、発声運動が機敏であったりLDPになりにくかったり、声に益する点も多々あります。

大きかろうが小さかろうが、どちらも個性。

持って生まれた喉という楽器を大切にし、その能力を100%使いきることが最も重要なのです。





e0146240_23293908.jpg






喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2017-11-01 00:28