カラオケは魔物 ~持ち歌を原曲キーで歌えない歌手~


音楽関係のグループの食事会の後に合流したメジャー歌手。

名前は明かせませんが、有名なJ-POPシンガー。〔ここでは男女年代も伏せます〕

港区の某高級カラオケルームへ行きました。

カラオケ機器(マイク・アンプ・スピーカーも優秀な機材を使用)が秀逸で、歌を大切にするひとには打って付けの空間です。

順番に歌い、ついにメジャー歌手の番。

本人は乗り気ではないようでしたが、周りからの熱い要望で、そのメジャー歌手のヒット曲を歌う羽目に。

つまり、持ち歌。

もちろん、原曲キー。

わたしも音源(CD)を所有しており、何度も聴き込んだため、生歌を楽しみに期待していました。

イントロが流れ、さあ、いよいよ歌い出し。

誰もが「おぉ!」と息を飲むほどの良声からスタート。

さすがでした。

ところが、ところがですよ、途中のハイピッチ移行部でつまずき、高音が苦しそう。

2番の同じ場所では、かすれて高音が出ない。

さらに終盤では、引っくり返りそうなピッチコントロールにハラハラしました。

終了後、拍手はあったものの、「お見事!」「ブラボー!」などの言葉は皆無。

若干、場が静かになり、次のひとが歌いにくそうだったのが印象的でした。

しかしながら、そのメジャー歌手は立派でした。

「風邪気味だから…」とか「深夜は調子が良くない…」などと、言い訳することなく、最後まで朗らかに歓談していたのです。

見直しました。

そう、カラオケには不可解な力があり、本人の持ち歌でさえ歌えなくしていまう“何か”が存在します。

カラオケ事業社ごと異なる伴奏曲に合わせる歌唱技術、入店したカラオケボックスとの相性、その店のカラオケ機器の状態、集った人たちの種類(仕事関係・仲間や友人・家族など)、その日の体調や天候など、さまざまな要因によって、良かったり悪かったり。

やはり、カラオケって魔物ですね・・・






e0146240_22533962.jpg






喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2017-10-29 00:53