レーシングカーの音【2017 FIA WEC 富士6時間耐久レース】


知人の誘いで「2017 FIA WEC 富士6時間耐久レース」を観戦してきました。

大昔(40年近く前)、ジムカーナをかじっていたとき、たびたび鈴鹿サーキットへ行きました。

富士スピードウェイを訪れたのは4回目。

全長1,475mのロングストレートは、コース幅も広く、圧巻です。

さて、今回のわたしの目的は、もちろん“音”。

迫力あるエンジン音です。

繰り返し聴いていると、自動車チームごとにエンジン音の相違に気付きます。

さらに聴き込むと、同じチーム(つまり同じ車種)でも、それぞれ車の音に個体差があることもわかってきます。

今回、驚いたのは、全体にエンジンが穏やかになっていたことです。

なんと、ハイブリッドのレーシングカーもあるくらいですからね。〔LMP1クラス〕

喉ニュースでお伝えするのは、ル・マン GT エンデュランス (LMGTE)クラスの様子。

これは、市販スポーツカーベースの競技車両によるレースです。

フェラーリ(Ferrari 488 GTE)は、驚くほど静か。

レールの上を滑っていくような見事な走り。

ポルシェ(Porsche 911 RSR)は、やや硬質ながら魅力的なエンジン音を奏でていました。

アストンマーティン(Aston Martin Vantage)は、厚みある質の高いエグゾーストサウンド。

そして、フォード(Ford GT)は、さすがアメ車、驚異的な爆裂音を鳴り響かせていました。

以前も書きましたが、騒音と感じるか美音と感じるかは、そのひとの捉え方(気持ち)ひとつ。

いろんな音に興味を持ってください。

さまざまな音を聴いてください。

きっと音の素晴らしさに感動するはずです。





e0146240_18180138.jpg





追記1:本来、機械音は『聞く』と表記するものでしょうが、わたしはこれもアートと考え『聴く』を用いています。また、本文のエンジン音の表現文言は、評価ではなく、わたし個人の感想です。




追記2:雨と霧の中、優勝はTOYOTA GAZOO Racing。トヨタの面目躍如たる勝ちっぷり。日本人として嬉しいですね。




追記3:LMP2クラスでは、JACKIE CHAN DC RACINGも走っていました。そう、世界的アクションスター:ジャッキー・チェンのプライベートチーム。なお、ジャッキー・チェンには会えませんでしたが・・・






喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2017-10-16 02:14