なぜ歌が上手くならない?


歌を上手く歌いたい、とくにプロフェッショナルシンガー(職業歌手)で大成したいなら、一曲一曲、「自分は最高のアーチストだ!」と臨場感を持って歌うこと。

上手く歌っているイメージだけでは弱すぎるのです。

コンサートホールの舞台に立っている自分、眩しいスポットライト、聴衆のどよめく期待感、満場の拍手など、鮮明な臨場感を抱く。

この思いが強ければ強いほど、歌は上手くなります。

ただし、ここでの上手いとは、絶対発声(音高、強度、音色などを寸分違わず発声できる能力)や、カラオケで満点を取るようなシステマティック歌唱ではなく、相手の心に響き、感動を与える声で歌いあげる歌唱を意味します。





e0146240_05273679.jpg







追記:ときどき「歌唱テクニックは重要ではないの?」と問われます。いいえ、重要です。可能な限り優秀なボイストレーナーから習ってください。他者から習うのには理由があります。それは、自分の声の判断が難しい点にあります。他者は、耳の中の鼓膜からの情報のみですが、声を発する本人は、まず下顎骨からの骨伝導を捉え、その後、追っかけるように音波を自身の鼓膜で受け取ります。録音した自分の声を再生して、「こんな声じゃない」「なんだか違う気がする」と感じた経験は誰にでもあるでしょう。しかし、他者は録音されたのと同じ音声を聞いているのです〔そのために秀逸な音響機器が必須になるのです!〕。問いの回答に戻し、歌唱力と声質のバランスも大切だと考えます。なお、歌が下手でも、声が悪くても、『それが個性である』と言い切ってしまえば、このような問いも生まれてきませんが・・・







喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2017-10-10 05:50