ロングトーンの極意



ロングトーンの極意

息が続かない、声を長くのばすと途中で切れてしまう、歌の最後は必ずかすれてくる、などロングトーンが苦手な方へ朗報です。
ロングトーンの最中で苦しくなってきたら、息を絞り出そうとせず、少しだけ口唇をすぼめつつ遠くへ遠くへ息を飛ばすように歌ってみてください。
論理は以下。
何より、息を絞り出して歌うことで、過緊張性発声が生じます。
外喉頭筋群はギュッと硬く締まり、思い通りに動かなくなります。
これでは、ロングトーンどころか、歌唱自体がうまくいきません。
また、口唇をすぼめながら遠くへ息を飛ば方法は、管楽器から予想できます。
伝聞ですが、リード(あるいはマウスピース)からベルまでの距離が延びると、空気の流れが整い、安定した音が構成されやすくなるようです。〔最下の※を参照〕
さあ、一度、試してみましょう。
もしかすると、これまで苦手だったロングトーンが得意になるかも⁉



ロングトーンの極意_e0146240_21225988.jpg





追記1:「ロングトーンのとき、息を吐くのではなく、逆に吸い上げながら歌うと良い」との意見も、空気の流れを利用した方法ですね。よって、たまたま知った方法を鵜呑みにせず、自分に合った手法を探しだすことが大切です。




追記2:声は、空気の粗密波、つまり振動です。結局、歌は、空気の芸術なのです。よって、ヒトが空気の流れを作るのは呼吸と言う名の運動です。やはり、呼吸が大事なんですね。歌唱用呼吸を最大限に高める方法がFSBR。複数回お越しになった方々のみにお渡ししている重要文書。FSBRは、たった3分程度の自宅用トレーニングです。是非、毎日、実行してください。




追記3:ある有名なボイストレーナーが「ロングトーンのとき、手のひらを胸に当てると良い」とおっしゃっていました。これは、ある程度、正しい可能性もあります。ロングトーン、つまり、発した音(声)が切れないことが大前提。そのためには、声帯ヒダが正中に寄った状態で、呼気が継続的に流れなければなりません。ここで重要となるのが、ベルヌーイの定理の利用。横隔膜によって肺から押し出された呼気は、気管支を経て気管から声門まで一気に流れてきます。二本ある気管支が一本の気管へと接合、このとき呼気(空気)の流れが乱れやすくなるのは想像に難くありません。そこで、胸骨あたりに手を添えることで、呼気の整流を促すのがこの考え。スムーズな排気が、ベルヌーイの定理を伴って、確かな声門閉鎖による声帯ヒダの振動を作り出します。しかし、自覚的に呼気の流れを正すのは無理。やはり、あくまでイメージの世界ですが・・・




この説には賛否あるようで、今後、専門家(吹奏楽器研究者)による検証が必要であると考えています。




歌唱テクニックに属する内容やエビデンスが脆弱な記事の場合、時限掲載の形式を採用しています。これこそ正確率は8割程度でしょう。その旨をご理解いただきお読みください。なお、歌唱テクニックは、発声医科学に長けた優秀なボイストレーナーにお尋ねください。





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
ロングトーンの極意_e0146240_11353490.jpg
 




by aida-voice | 2008-08-08 23:03