歌っているとだんだんリズムが狂ってくるのは発声関与筋の疲労が主原因


これは題名そのまま。

最初は大丈夫でも、歌っているとだんだんリズムが狂ってくるひとは、発声にかかわる外喉頭筋および声帯ヒダを動かす筋肉の疲労が主な原因となります。

そう、筋力不足。

声(歌声)は、喉の小さな筋肉の運動による産物です。

言ってみれば、歌手はボイスアスリートに他なりません。

的確な喉筋のフィジカルトレーニング(ラリンクス・スライド・エクササイズ〔LSE〕、ウォイ負荷トレーニング、輪状甲状関節バックコントロール、舌骨引き出しアタランストリートメントなど)で、タフな喉を作りましょう。




e0146240_06364318.jpg





追記1:なお、歌頭からリズムがおかしいひとは、①歌唱に慣れていない、②聴き取り能力が低い、③いわゆる音痴、の可能性が大となります。





追記2:本文中に記載のフィジカルトレーニング各種は、本サロンで取り入れている手法です。パワフルで繊細、かつ、タフな喉を作り上げます。






喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2017-07-05 06:42