声の短問短答【続編】443


「2016年9月11日のYAHOO BEAUTYに『歌って痩せる!カラオケダイエットを成功させる3つのコツ』(著:Nao Kiyota氏)が載っていました。その1:腹筋を使って「体幹」を鍛えるに、『お腹から声を出して歌いましょう』と書いてありましたが、本当にお腹から声って出るのですか?」


このご質問をいただき、該当サイトを拝見しました。
そこには「背伸びをするようなイメージでお腹を伸ばし、下腹を凹ませた状態をキープしながら…」と前置きがありますから、この場合の「お腹から声を出す」は、あくまでイメージ(想像)の範疇だと思います。
ご存じの通り、声帯ヒダより下部で音声が生成されることはありません。
なお、その2に書かれている激しい曲とゆったりと長い曲の程度や発声関与筋の運動量などが記されていないため詳しくはわかりませんが、「“喉だけで”歌ってしまいかねません」の記載に関して、まさに正論と考えます。
わたしに訊くより、Nao Kiyota先生にお尋ねください。





e0146240_21135255.jpg








喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 








喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2016-09-12 02:17