声の短問短答【続編】438


「サウンドエンジニアが難聴になりやすいって聞きましたが?」

レコーディング時に音を聴き分けプロデュースするプロがサウンドエンジニア。
知識とセンスと職人技の必要な職業。
常に多くの音に接しています。
モニタースピーカーであったりヘッドホンであったり。
やはり長時間や大音量であることが契機となり、難聴(主に音響外傷)になりやすい職業であることは否めません。
なぜ?
音響外傷の根本は強大音による内耳の損傷や障害。
そして、もう一つの知るべきは鼓膜の様態にあります。
鼓膜は水分含有率の高い弾性膜組織です。
次のキーワードは振動熱。
これは振動エネルギーが熱エネルギーに変換される一般的な物理現象です。
つまり、外からの大きく長い音波によって鼓膜が振動し続け、熱を発するということ。
ただし熱といっても、ほんの少しの上昇と思われます。〔未実験〕
この熱によって水分を奪われ鼓膜は乾燥傾向になると予想されます。
振動効率が落ち、聴こえが悪くなるため、よりアンプのボリュームを大きくしてしまうでしょう。
この悪循環に陥り、ついには難聴へと進む可能性が高くなります。
これらは、論理的ではありますが、あくまで勝手な推測となります・・・
耳のトラブルは、早めに優秀な医師に診てもらってくださいね。





e0146240_04511096.jpg






追記:知り合いの音声さん達に当サロンの「耳力アップ」施術を行うと、聴こえの能力が抜群に向上すると大好評です。









喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 






Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2016-08-13 05:22