声の短問短答【続編】421

「甲状軟骨の大きさや形で声が違うって言っているが根拠は?」

一色クリニック形成外科・耳鼻咽喉科で、多くの甲状軟骨形成術の症例を見てきたから。
オペ(手術)の術前と術後で、大きく声の音色や響き具合が変化する様子を目の当たりにしてきました。
医師は病気(このオペでは主に喉の詰まり)の違いをチェックするだけで、音質に関しては気にしていません。
逆にわたしは病気の観点ではなく、声の質に重きを置くのです。
また、これまで2万もの喉頭を触ってきました。
顔や身体と同じように、どれとして同じ甲状軟骨はありませんでした。
楽器の形が違えば、音も違ってくる。
楽器の大きさが違えば、響きも違ってくる。
以上を回答とさせていただきます。


e0146240_1065772.jpg
 




 
喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 





~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。




 
by aida-voice | 2016-06-16 10:08