声の短問短答【続編】136


「日本全国から来ているとのことですが、大阪や名古屋に分院は作らないのですか?」

以前は、月に2~4日、京都の病院や名古屋の接骨院をお借りして施術を行っていました。
現在は、東京都港区白金台のサロンのみです。
なぜ他所での施術を止めたのか?
理由は二つ。
①喉頭専用の物療機器が揃わないこと。
この機器と手技が相まってこそ最高のアプローチ(施術)が完成します。
②研究が多忙になり時間が無くなったこと。
長大な研究あってのボイスケアです。
③お一人おひとりに無二の触診・検査・施術を丁寧に行っています。
ボイスケアには相当の集中力を要し、一日に大勢は不可能。
つまり、誰かに任せたり、いい加減な施術を提供したりしたくないからです。(すべて會田が対応しなければならないと確信しています)
このような訳です。
何卒ご容赦いただきたく存じます。
東京のボイスケアサロンへお越しくだされば、最善かつ最高の施術をお約束いたします。

e0146240_21264414.jpg




追記1:平成25年9月に行ったLED赤色光による上喉頭動脈血流アップが好評でした。発声のスタミナ向上や声のアンチエイジングに対処できました。もう少し実験を重ね、通常施術内でも行うよう研究中です。ご期待ください。





追記2:細密で複雑な外喉頭筋の触診が正確にできなければボイスケアは成り立ちません。そう、習得が難しい指先の超絶技なのです。
e0146240_22583662.jpg





追記3:日々の指先の鍛錬はもちろん、フィンガーケアに、ハンドクリームとシルク手袋は欠かせません・・・






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2013-10-31 00:02