ハワイアンの特徴


わたしはハワイミュージックも大好き。
ボイスケアサロン・音声音響研究所・自宅にあるハワイアンのレコード・CD・音楽ファイルの数を調べたところ、89枚(アルバム)もありました。
SPによる音源の古い楽曲から、IZのようなニュージェネレーションまで。
日本では購入できないCDもたくさん持っています。(海外へ行くと必ずCDショップを巡ってご当地の品を買ってきます!)
さて、ハワイアンの魅力は、何と言っても軽妙な裏声の存在。
美しいメロディに沿うように裏声が奏でられます。
蛇足になりますが、数年前、ホノルルのコンサート会場、ハワイアン歌手ダニー・コーチ( Danny Couch)のステージで、北の湖理事長〔元横綱〕から戴いた浴衣を着て一曲歌わせていただいた楽しい思い出があります。
ダニーと共に、とっても楽しいステージでした!!!
何を歌ったかって?
もちろん…、「I LOVE HAWAII(Ah My Hawaii)」 です。

e0146240_1411409.jpg




追記:オペラ・声楽やハワイアンの他にも好きなボーカル曲はいっぱい。これまで、好きな歌を何回聴いたのか…。例えば、Luciano Pavarottiの『Nessun dorma』や『E lucevan le stelle』は、現PCでの再生回数が1000回を超えています。これらの曲は35年以上も前のレコード時代から好んで聴いているため、実際には、いったい何回聴いたことでしょうか。オペラを歌っていた時期には、これらの曲を何百回も歌い込みました。もちろん、J-POP、洋楽、JAZZボーカル、シャンソンも大好きです。そう、聴いて聴いて身体の一部にしてしまう。歌って歌って楽しむ。歌を心から愛してください。






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2013-10-08 00:03