反回神経麻痺と風邪


反回神経麻痺(片側)の方が風邪を引くと、かすれ声が良くなりしゃべりやすくなる報告が多くあります。
いったい何が起こっているのか?
それは・・・
風邪による内喉頭や声帯ヒダの浮腫により、常に開いていた声門が閉じ、健常な声が生じるようです。
したがって風邪が治ると同時に、再び声がかすれてしまう・・・
残念ながらこのような状態なのでしょうね。

e0146240_11501621.jpg
片側反回神経麻痺罹患者が風邪を引いた状態の喉頭ファイバー画像をスケッチ





追記1:反回神経麻痺で自家脂肪やヒアルロン酸を声帯に注入して治す方法が、これに似ているのですね。




追記2:反回神経麻痺は不可逆性ゆえ完全快癒は見込めませんが、反対側の声帯の運動性を高め、嗄声をコントロールする共鳴腔構築の能力を養えば、日常生活に問題ない程度に改善することは可能です。さらに磨き込んで、プロの歌手やTV局のアナウンサーに復帰した方々を多く知っています。甲状腺や心臓の手術、交通事故や不慮の外傷により、反回神経は切れたり圧挫されたりして、麻痺を誘発します。しかし、あきらめないで。もう一度、素敵な声を再生させましょう。(事実、ボイスケアによって、反回神経麻痺になる前より声が良くなったのではと言われるまで改善する方も多いのです・・・)






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2013-10-07 00:05