声の短問短答【続編】125


「喉の筋肉が柔らかいと歌は上手くなるの?」

いいえ、そんなに簡単な話ではありません。
喉頭の柔軟性は、歌上手の要素の一つにしか成り得ません。
発声をスポーツに例えてみましょう。
野球でもサッカーでもバレーボールでもテニスでも、上達するには身体の柔軟性と運動能力が必須ですよね。
筋肉が柔らかいからこそ、縮むパワーやスピードが生まれます。
さらにケガもし少なくなるでしょう。
これも大事な要素です。(プロとは長く活躍するものである!)
では、身体が柔らかいだけで、野球もサッカーもバレーボールもテニスも自然にうまくなると思いますか?
そんなことはありませんよね。
弛まぬ努力を重ねて技術を習得しなければなりません。
歌唱も同じ。
喉の筋肉が柔らかいだけでは歌はうまくならないのです。
したがって、筋硬度が10Tone台の素晴らしい数値をたたき出しても、歌がうまいとは限らないのです。

e0146240_2271249.jpg





追記:喉の筋肉が硬くても病気や異常ではありません。また、その状態で歌っても何の問題もありません。窮屈で平坦な声が好きならそれもOK。個人の自由です。ただ、他者を魅了する声からは遠のくかも。たったそれだけのこと。






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2013-09-12 00:08