声の短問短答【続編】87


「LDPは治さなくてもいいのですか?」

LDP 〔 Larynx Deep position 〕は医学用語ではなく、わたしが独断で命名した喉の状態名称です。
病気ではなく、単なる発声関与筋の癖。
したがって、ご質問の答えは『YES』です。
放置しても、日常生活には何の問題もありません。
当サロンは、未開の最新施療を編み出すのに多額の研究費と時間がかかっており、また、施術は一人ひとり時間を要するため、どうしても金額が高くなってしまいます。
その金額を払ってでも声の質を上げたい場合のみ通院をお考えくださればと存じます。
もちろん、外喉頭の軟部組織は身体の中でも曖昧ゆえ確実ではありませんが、お越しくだされば、わたし持つ知識と技術を惜しみなく投入し、極上の喉に仕上げるよう最善を尽くしています。
良声は人生を豊かにすると信じていますから・・・

e0146240_9391296.jpg






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。




by aida-voice | 2013-06-02 00:09