声の短問短答【続編】534


「病気は良くなったの?」



サロン情報

休止 2019729日でボイスケアサロン白金台を閉鎖

理由 病気(強度めまい)悪化のため

状況 20198月と9月を静養

移転 2019101日より恵比寿で再開決定



このたびは大変ご心配とご迷惑をおかけしました。

ゆっくり療養させていただき、ずいぶん回復してきました。

もともと持病として「めまい」があり、この数年でひどくなっていました。

これまで各所の病院でいろいろ検査を受け、民間療法を含め、様々な治療を試していますが「これで快癒だ!」には至っていません。

思い起こせば症状の始まりは小学生の頃でしょうか。

わたしが喉頭深奥ポジションで苦しんでいた時期と一致します。

今でも声が詰まって出し辛い記憶が蘇ります。

耳鼻科や精神科で「気のせいだ」「心が弱い」「死なないから大丈夫」など言われました。

朝礼や体育の時間には目の前が真っ暗になり転倒することもあり、入浴は1分程度でのぼせて失神と全身のしびれ。

結局、こんな状態で騙し騙し還暦寸前まで生きてきました。

完治はありませんが、ゆっくり休めば改善に向かうことを認識していますので、今回、長期の静養を取らせていただきました。

とは言え、やはり喉と声の研究は大好きですから、続けています。

ボイスマニアやサウンドオタクの性分も変えることができないようです・・・




追記:30年以上前に亡くなった父が同じような症状で苦しんでいたのを覚えています。また弟も若いころから強度の片頭痛があります。やはり父の家系の遺伝かしら?





e0146240_16384488.jpg








喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
ボイスケアサロン




Detailed voice dictionary
 
e0146240_08162803.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2019-09-14 07:54