内藤寛政先生からのメッセージ



ボイスアドバイザー上席の内藤寛政先生からメッセージをいただきました。




私は今年の3月でボイスケアサロンに通って1年が過ぎました。

1年前と比べ、喉頭周辺筋の筋硬度は明らかに柔らかくなっています。

なにより、音域が上がった事が実感できました。

以前では、ある曲のサビの頭が、自分には高くて地声のような
太い声では出せず、裏声までとはいかないまでも軽い声で出していました。

当然Bメロとサビの頭とで、声質が大きく変わってしまい変な感じになってしまいます。

地声のままサビまでもっていこうとすると、声が裏返りやすくなったり、
ものすごく喉周辺が疲れるという状況でした。

しかしここ最近では、以前より楽に出せるようになり、安定性も増しました。

同じような感じで発声しているのに、筋肉が勝手に緊張することなく
発声できたことで、筋肉の柔軟性の重要度を再認識できました。

通院前半は施術後、喉が柔らかくなるものの音域に大きな変化はなく、
自分の喉はあまり高音がでない形状なのかなと考えこんだりもしました。

ところが後半に入り音域も伸び始め、歌えなかった曲が歌えるようになり、
通い続けて本当に良かったと、声を出すたびに思います。

しかし、まだまだ、硬さを感じることもあり、100%自分の喉を
使いきっているわけではないので、これからも柔軟性を増す必要があります。

そのため、喉のストレッチを毎日行っています。

喉周辺が改善してきて感じたことがあります。

それは、喉頭筋が硬かった時より、柔らかくなった時の方が、
声帯を潤した時の効果の伸び幅が大きいということ。

筋肉がガチガチだった時にも吸入器やボイスケアサロン声専用キャンディを使用していました。

確かにその時も効果は実感できたのですが、最近では、
使用前と使用後で、格段に出しやすさが違います。

やはり、筋肉が硬いと、筋緊張により潤った声帯の
柔軟性を生かしきれないのでしょうか。

しかし、その分声帯の潤いの必要性を感じ、
手のひらサイズの吸入器をいつも携帯しています。

そして、ここぞという時にプレミアムキャンディを使用しています。

もったいなくてなかなか、外装を破れませんが(笑)喉頭能力の
向上も嬉しいことですが、なにより上席ボイスアドバイザーに
させていただいたことは、なにより嬉しいです。

もっとすごい方がたくさんいるので、喉頭能力も知識も未熟な自分にとっては
大変恐縮ですが、喉ニュースに自分の名前が載っているのを見た時は感動しました。

本当にありがとうございます。

学生時代スポーツをしていたので、体の筋肉など勉強していたので、
喉の筋肉の名前やメカニズムに関しても、喉ニュースで楽しく覚えられました。

そのことが幸いして良い結果を得ることができたのかもと思います。

合格の秘訣は毎日ひたすら喉ニュースです。

喉ニュース最高の教科書です。







広島在住の内藤寛政先生は、ボイスアドバイザー試験に一発満点合格した超優秀な人物です。本当に抜群の知識と感性の持ち主。試験20問の中で、第1問目のボリュームの多さ、第20問目の作画の難しさも、なんなくクリアしました。これまで多くのボイスユーザーに会ってきましたが、これほどスゴイひとは初めてでした。内藤寛政先生、ますますのご活躍を願っております。





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-05-07 04:07