サロン最新情報


《 初めての方へのお知らせ 》
初めての場合、検査・説明・施術で60分ほどかかり、院をほぼ貸切でおこなうため、専用の時間枠を設けております。
ご質問も含め、ご予約は、お気軽にお電話ください。
03-5449-6627




サロン最新情報_e0146240_9254879.jpg
歌声をサポートする飴・・・ ボイスケアサロン声専用キャンディ






《 施術内容が、さらに進化!》
外喉頭からアプローチするボイスケアは、研究につぐ研究で、日々進化しています。
◎施術内容
喉頭周辺筋の柔軟性獲得や喉乾燥を改善するキャンディソニック、数々の喉体操の充実 (出版予定)、喉頭ストレッチングを含むの會田茂樹の触診&手技の精度向上(延べ10000人以上の喉に触れ、その声を聞き、ほんの少しの変化を見逃しません!)など、効果が増幅しています。その結果、一回の施術時間も短縮しています。ご多忙なひとにもご好評をいただいています。
◎ボイスケアグッズ
ボイスケアサロン声専用キャンディがさらなるパワーアップしたプレミアム・ブラック・キャンディ、リフレッシュシート、ボイスケアサロン声専用ウォーターなど、声に良い商品が目白押しです。






☆嚥下ストレッチ情報☆
重い病気の後、食べることができず苦しんでいる方々に、無料の施術会を開催しています。
喉周辺には、飲みこみに関係する筋肉があり、摂食・嚥下が困難な方々は、この筋肉が硬くなっていたりバランスが崩れたりしています。
それらを見つけ出して、適切な動きにすれば、喉頭蓋の正常運動を惹起させる可能性がでてきます。
私の技術が少しでもお役に立てばと考えての無償奉仕の嚥下ストレッチです。
開催は不定期です。
これまで数々の方々を診せていただきました。
詳しい情報は 『嚥下ストレッチ』 をご覧ください。
流動食ばかりは辛いものです。
食べる喜びを、一瞬でも、もう一度・・・







《 新商品リフレッシュシート 》
私たちが丹精込めて開発した商品 「リフレッシュシート」 (食品) が完成しましたので発表いたします。販売は2010年5月からを予定しております。
サロン最新情報_e0146240_911471.jpg
リフレッシュシートを試された人々から続々と報告があがってきています。「いつもはタブレット状のミントを使用していたが、溶けるまでに時間がかかっていた。このリフレッシュシートは口に入れてすぐに溶けるので使い勝手が最高ですね」 「わたしはミントを好まなかったのですが、このリフレッシュシートなら大丈夫、すきになりましたよ」 「これまで、歌う前に同じような商品を使っていたが、おたくの製品は強すぎず弱すぎずGOODだった。やっぱ声の専門家が作っただけはあるネェ」 「かなり気に入りました。小さく携帯も楽です。早く市販してください」 「リフレッシュシートは、花粉症にも良い気がします」 「効果は一瞬だけ。こんなので声が良くなる訳がない」 ご意見ありがとうございます。ボイスケアサロンのリフレッシュシートは清涼食品であり、直接、声を良くするために開発されたものではありません。最適なミント配分量によって、鼻および咽頭腔の通りを良くし、声を出やすい環境にしたり、疲れた声や気分をリフレッシュしたりする目的で作りました。ご意見を参考に、さらに改善していく所存です。
◎ この喉ニュースによって、それはそれは多くの皆さまから、声に対し強い関心をいただき、心より感謝申し上げます。 會田茂樹







《 ボイスケアサロン声専用ウォーター 中間報告 》
まもなくボイスケアサロン声専用ウォーターが完成します。
声を大切にするひとのための喉に優しい天然水です。
採水場所に赴き、交渉によって取水権利も獲得しました。
ボトルのラベルデザインも複数案あり、最終決定される模様です。(ボイス関係者の意見の総括によって決まります)
あなたは、どのラベルが選ばれると思いますか?
サロン最新情報_e0146240_9261346.jpg







《 プレミアム・ブラック・キャンディ 》
通常のボイスケアサロン声専用キャンディの3倍の効果。詳細や正しい使い方は報告記事をご覧ください。
「ついに全容を公開! プレミアム・ブラック・キャンディ」
下の写真左は、黒く精悍な飴。写真右は、全体の様子。
この袋一杯 (写真よりもう少し多く入って) の状態で、製作費が460,000円
一つ1,000円もします。現在非売品。
サロン最新情報_e0146240_1623827.jpg









ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)






~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-03-01 01:30