<   2016年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧


本日、大みそかに歌うアーチストの皆さん、極上のパフォーマンスを聴衆に届けてください。


準備は完璧ですね


ご活躍とご成功をお祈り申し上げます。





e0146240_22354517.jpg





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




by aida-voice | 2016-12-31 12:22

2016年末の御礼


今年も、こんなマニアックなサイトを大勢の方々にご覧いただき、心から感謝申し上げます。
まだまだ書きたい内容がたくさんあります。
しかし、研究が重厚かつ長期になっていることと、持病の「めまい」が悪化して思うようにはかどらない日々も増えました。
そのため毎日コンスタントに発表できない状況をご理解ご容赦くださいませ。
この先も外喉頭から考察する記事と発声のための施術を進化させてまいります。
来年も何卒よろしくお願い申し上げます。





e0146240_22050406.jpg




追記:まもなく「驚愕の事実=誰もがやっている発声練習の罠」を時限公開します。見られるのは幸運の持ち主のみ。文章をコピーしてネットに載せないでね。









喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




by aida-voice | 2016-12-31 00:03


「最初の音を大切にするよう進言されていましたが、コンサートなどで最後の曲の声は大事にしなくても良いのでしょうか? 終わり良ければ全て良しとも言いますよね…」

聴こえの世界にとって、最後の印象は、声よりも曲や催しの感動力が大きく物を言います。
多くのコンサートやライブを鑑賞し、また、そのDVDや動画を検証した結果、ラストに、皆が知る有名な曲や歌を選んだり、全員で一緒に歌ったり、壮大に盛り上がるような趣向を凝らしたりすると、好結果となる事実が判明しています。
つまり、最後の曲(歌)は “体感” に印象の重きを置くと言うこと。
よって、コンサートやCD製作のとき、最初は声力が、最後は企画力が、聴く人々を熱狂させる最も重要なポイントであると意識しましょう。




e0146240_03143230.jpg






喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




by aida-voice | 2016-12-29 03:17


面白い実験でした。
音声音響研究所の防音室で、ある歌手に目的を知らせず、実験してみました。
要綱は以下。
自身の持ち歌でない曲を選び、カラオケで同じ歌を二曲連続して歌ってもらいます。
最初に、陳腐なマイク・アンプ・ヘッドホンで一曲。
次に、最高級のマイク・アンプ・ヘッドホンで同じ歌を。
マイクで録音された声の部分だけをスピーカーで再生して二曲を比べます。
つまり、伴奏なしのアカペラ状態。
その結果、良い機材の方が圧倒的に素晴らしい歌声になっていました。
声質もメロディもリズムも極上。
そう、人って良い音を聴くと、自身も声を良くしようとするみたい。
それも無意識で・・・
ミラー効果の一種ですね。
このセオリーは、かなり効きます。
是非、活用してください。



e0146240_03111505.jpg




追記:音声音響研究所で用いた安い音響機材は合計1万円程度、高い音響機材は合計100万円以上。金額が高ければ良い音であるとは限りません。ただ、高級品は、製作者の技術と意図と時間と素材がすごい。本気のレベルが異なります。1000円のバッグとルイヴィトンのバッグを比較するようなもの。モノを入れるだけなら同じ構造物。しかし、熟練の職人が丁寧に作り、歴史や創作の思いが込められた逸品に、使用者は満足感を得るはず。そうでなければ、今頃ルイヴィトンはすたれて倒産しているでしょう。







喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




by aida-voice | 2016-12-27 03:15


高度な音声知識と整備された喉頭環境を有するボイスアドバイザーT先生。
新スーパーキャンディチェックに対するコメントを頂戴しました。
以下に載せます。




私が感じた前回のボイスケアキャンディからより良くなった点を記述致します。

まず、 後味がすっきりしたという点です。

今回は甘さ及び酸味が抑えられていて、舐めた後に残っていた強い酸味があまり感じられず私的に嬉しいです。せっかく喉が潤っているのに舌に残る後味を消したくて水を飲んでキャンディ効果を何割か損なっていたと思うので。

そしてもう一つは、喉の潤い感がさらに増したという事です。會田先生からヒアルロン酸の含有量を増加させたとは聞いていましたが、想像以上です。以前も喉を包みこみ歌いやすさを倍増させていましたが持続性が増したのと朝起きた時に舐めた時等はその潤う速度が増したと思います。また体調によるとは思いますが、舐めた数時間は音域が広くなった気がしました。特に高音が出しやすくなりました。

以上、貴重な体験をありがとうございました。これからも何卒よろしくお願い致します。

T.T.



e0146240_07592480.jpg





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




by aida-voice | 2016-12-21 08:01




これまで輪状甲状関節の動きが悪い原因をいくつか紹介しました。

① 甲状軟骨下角と輪状軟骨関節窩の脱臼もしくは亜脱臼

② 輪状甲状関節上の靭帯組織の硬化

③ 輪状甲状関節上の軟部組織による圧迫

LDP

⑤ 輪状軟骨上端と甲状軟骨下端の距離が著しく小さい

今回は、追加のお知らせ。
米国メイヨークリニックで行った摘出喉頭触診研究〔解剖は医師〕の精査結果、輪状甲状靭帯が非常に硬いケースを発見しました。
数々の輪状甲状関節の可動範囲を測定していたところ、動きのぎこちない標本が一つあったのです。
各形状も可動域も正常。
ただ動きが鈍いだけ。
当初は何故かわかりませんでした。
よくよく調べてみると、正中輪状甲状靭帯は薄いのですが、外側輪状甲状靭帯が異様に厚い。
下の絵〔写真を図画変換〕をご覧ください。
オレンジ色で囲まれたところが輪状甲状靭帯です。




e0146240_16285812.jpg


この部位が関節の動きを阻害しているものと考えれば納得できます。
よって、輪状甲状関節の動きが悪い原因の六番目として「輪状甲状靭帯が硬い」を追加させていただきます。
ご清読ありがとうございました。








喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




by aida-voice | 2016-12-18 00:12




高音発声に力は必要、しかし、余分な力は不要
フィギアスケートのジャンプを思い出してください。
男子のトップスケーターは4回転しますよね。
相当な筋力が必要です。
でも、無駄な力を抜ぬかなければ転倒してしまいます。
これと同じ理屈です。
さらに「4回転できれば姿勢や着地なんてどうでもよい」はずはありませんよね。
すべての動きに、ダイナミックさと共に美しさが求められます。
歌も同じ。
単に高音を出せればOKではないはず。
わたしたちは、聴くひとを感動させる音楽的および芸術的な高音を求めているのです。
喉頭の柔軟性があるからこそ、発声運動のパフォーマンスを発揮できるのです。
とくに厄介なのは LDP 【喉頭深奥ポジション化現象】。
ほとんどのひとが気づいていない。
理由は以下。
A:病気でなく癖であること
B:喉の深奥化を感じ取れない
C:通常の嚥下や発声にはまったく問題ない(ただただ思い通りの発声や歌声にならないだけ)
解決すれば自由な発声となり、他者を魅了する声質に近づきます。
そう、高音こそリラックスなのです・・・


e0146240_8425981.jpg







喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




by aida-voice | 2016-12-16 00:06


12月7日(水)19時「第1夜」、12月14日(水)19 時「第2夜」と二週連続生放送の2016FNS歌謡祭〔フジテレビ系列〕。

最高の歌声でTVの前の視聴者を魅了させてください。

準備は万全ですね。

GO FOR IT!


e0146240_17391736.jpg




追記:最初「準備は万端ですね」と書いたところ、間違っている指摘をいただきました。万端は、後ろに言葉を補って本来の使い方になるそうで、この場合は「準備は万全ですね」が正しい。いやはや日本語って難しい・・・





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




by aida-voice | 2016-12-14 18:48

高音が正しく出ているかをチェックしましょう。

① 輪状甲状関節の可動範囲を調べる

② 輪状甲状筋の状態を触知検査で探る

この二点で、声を出さなくても、正しく高音を発しているかどうかがわかります。
今日はその方法を解説します。
まずは、輪状甲状関節の可動範囲。
一方の手で甲状軟骨翼を母指と示中指でホールドします。
このとき喉頭を深奥化させないよう十分に気をつけましょう。
もう一方の手の母指と示指で輪状軟骨体側面に触れます。
最初に、そっと引き出します。
これが輪状甲状関節のスライド運動のチェック。
軽く前に1㎜以上引き出せたら合格。
次に輪状軟骨を上制させます。
手前から弧を描くように持ち上げるのがコツ。
これが輪状甲状関節のヒンジ運動のチェック。
角度で10度以上変化すれば合格。
さて、今度は輪状甲状筋の触知検査。
利き手の母指と示指で輪状軟骨上端と甲状軟骨下端に優しくタッチしましょう。
すると、輪状甲状筋四葉の全体像が把握できます。
ここで薄くて判別できない場合…、そう、筋肉を使っていない証拠。〔なお、フラップマッスルや甲状腺の状態によって探査できないケースも多々あります〕
つまり、正しい高音が出ていない。〔この状態でも「僕は高音を出せるよ」とおっしゃる方は、声帯筋を固めで出すタイプ。金属音的な硬い高音なのです〕
緻密な触知検査で、おおよその形状がわかるひとから、斜部垂部が独立してプリプリわかるひとまで、さまざま。
発声の筋力は筋肉の横断面に比例しますから、筋肉が発達していれば輪状甲状関節は強く大きな動きであると判断しても良いでしょう。
なお、輪状甲状関節が動いているひとは輪状甲状筋を鍛える環境にありますが、輪状甲状関節が動かないひとは、まずはこの部分の可動改善が必須でしょう。



e0146240_21455927.jpg






追記1:上述のチェック時の写真は載せません。マネしてケガ(筋膜損傷や筋断裂など)するひとが出てきますからね。 発声関与筋は小さく脆弱で疼痛感覚も少ないため、場所や程度を誤ると、ほんの少しの力でも損傷します。そのようなケースを多く知っています。




追記2:輪状甲状関節の動きが悪い原因は、過緊張性発声とLDPが多くを占めます。なお、稀ですが輪状甲状関節の亜脱臼も気をつけなければなりませんね。




追記3:輪状甲状筋の運動ベクトルは垂部も斜部も上制頚椎方向。しかし、喉頭は茎突咽頭筋と茎突舌骨筋で吊り下げているため、高音発声時、甲状軟骨の下制が、若干、認められます。

e0146240_21462607.jpg





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




by aida-voice | 2016-12-14 00:13

声の短問短答【続編】461


「ボイストレーナー選びの基準を教えてください。」

ボイストレーナーを選ぶ基準は自由です。
あなたの気に入った先生でOKだと思います。
存在も動きも個体差が大きく曖昧な発声関与筋。
常に同じ発声運動がマッチする訳もありません。
合うか合わないかは、レッスンを進める中でしかわかりません。
ただし、3つだけ大切な要件があります。


① 発声科学を勉強していること:喉の中の妖精さんが声を作り出していると真剣に教えられたり、ひざからビーム状に音を出しなさいと指導されたりする場合、それを再表現できる生徒さんは少ないと思います…


② あなたの喉を熟知していること:あなたの大切な喉(形状や動き具合)をきちんと把握している先生は信頼できます。


③ 良い音を聴き込んでいること:例えば、一流の寿司職人が、美味しい寿司を一度も食べた経験がなく、美味しい寿司を握れると思いますか?


きっと、あなたの歌唱力を高めてくれる優秀な先生がいます。
探し出してください。




e0146240_22575542.jpg





追記1:わかりやすく例えるなら、「ボールを投げてください」と言われ、あなたはどのように投げますか。上から、下から、横から、右手、左手、両手、握り方、ストレート、カーブ、などなど・・・、投げ方は無数に存在します。それぞれ好みや個性。しかし、あなたの先生は、あなたと違う投げ方を教えてくれる可能性が大。そして、あなたも先生も、異なる投法であることに気付いていない。これを発声に照らし合わせると、どの筋肉を使って音を作り出しているのか、その際の他者との動きの違いなど、ぜんぜん理解できないのです。よって、教わったテクニックが合っていたらラッキー、合わないのも当たり前。指導者が悪いのでなく、お互いの発声の運動様態が異なるだけのこと。そこをしっかり理解してレッスンを受ければ、進歩の度合いは高まると考えます。





追記2:舌骨喉頭蓋靭帯の正確な作用と張力アベレージがわかってきました。まもなくベルカント唱法の真実がつまびらかにされます。こうご期待 !!!!!!!!!!


e0146240_21142874.jpg




喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




by aida-voice | 2016-12-13 00:10