<   2014年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧


e0146240_2093280.jpg

高音発声やピッチ安定のために開発された輪状甲状関節モビリゼーション。
卓越した會田の手技によって輪状甲状関節を動かし、最低音から最高音までの動きを感じ取っていただきます。
さらに、可動範囲を増やすことも可能で、発声オクターブが伸びます。
ただし、輪状甲状関節モビリゼーションを行うには重要な条件があります。
①喉まわりの筋肉が硬くないひと。〔おおむね25Tone以下の方〕
②LDP(喉頭深奥ポジション)でないこと。
この2点。
①発声にかかわる筋肉が硬いケースでは、輪状甲状関節の動きが恒常的に緩慢・・・
②輪状甲状関節モビリゼーションは輪状軟骨をやや押し込むため、LDP状態では関節可動域が担保されません・・・
この輪状甲状関節モビリゼーションを受け「輪状甲状関節の本当の動きが分かった」「高音がめちゃくちゃ伸びた」「発声音域が2オクターブ近く増えた」「高音が良くなったことで低音がより活きてきた」「苦手だったリズム感が改善した」「輪状甲状筋がとても小さいことと偉大であることを知った」などの意見がありました。
さあ、輪状甲状関節モビリゼーションで、最高のボイスライフを満喫してください!

e0146240_9385083.jpg

by aida-voice | 2014-11-28 09:52

声の短問短答【続編】306


「声を安定させるには?」

安定した発声には、喉に筋力をつけることです。
具体的には、輪状甲状筋と舌骨上筋群の筋力。
ただし、筋力強化の前に、筋肉の柔軟性が大前提。
硬い筋肉状態で鍛えても、動く範囲も狭く、スピードも出ません。
逆に、不安定要素を形成する可能性をはらんでいますので、十分お気をつけくださいね!

e0146240_20252.jpg





追記:これまでビブラートは呼気と輪状甲状筋が大切であると語ってきましたが、最新の研究で、極上のビブラートは舌骨上筋群の動きや力が重要であることが判明しました。筋肉の名称も判明。ただし、今は内緒・・・! 《ボイスアドバイザーにはお伝えします》
by aida-voice | 2014-11-27 16:14

声の短問短答【続編】305


「お腹から声を出せと言われるのですが、本当にそれで声が大きくなるのですか?」

言葉を真に受けた解釈では無理でしょう。
その場合の矛盾点から。
とっても重要な事実なのですが、声=音は、空気の波(疎密波)です。
空気がつながっていなければ、この波は伝播しません。
そう、お腹の中には空気がありません。
もし、腹腔に空気が入れば、健康上大問題。
したがって、お腹から声が出ることは絶対にありません。
声の生成は、呼気によって声帯ヒダが振動し、原音が作り上げられます。
次に、その上位にある5つの共鳴腔で、小さな原音を大きくしたり音色を付けたりします。
最後は、口や鼻から呼気と共に振動が周辺に伝わり、聞くひとの耳の中に入って鼓膜を振動させる。
つまり、大きな声は、声帯振動と共鳴腔の使用がポイントになります。
アコースティックギターを思い浮かべてください。
倍音化の根本がボディ(胴)の役目であることは自明の理。
よって、このご指導の意図は、「腹式呼吸によって胸郭内に多くの空気を入れ、それを排気する力を養い、振動効率を向上させ、大きな声にしなさい」にあるのではと推察します。

e0146240_1241651.jpg

by aida-voice | 2014-11-25 12:41


喉頭の筋肉が硬いひとに多いLDP現象。
甲状軟骨や舌骨が深奥化して、①喉の詰まり感、②声が小さくなる、③響きがない(声がこもる)、④高音が出ない、⑤声がかすれる(嗄声)、⑥その他多数のボイストラブルが挙げられます。
病気ではなく、単なる癖。
よって、放置しても心配いりません。
さて、歌手や声優にとって、このLDPは大敵。
なぜ?
思い通りの発声が困難であるから。
歌手や声優は、他者に声(歌)を聴いていただき、その良さを認めていただくことが必須。
今日は⑤のLDPの嗄声に関する話題です。
喉頭が頚椎方向〔ベクトル〕へ向かうと、披裂軟骨小角に圧が加わり、無自覚で披裂軟骨体が回転して声門が開きます。
ここから息が漏れます。
そう、これがLDPによる“かすれ声”。 ※嗄声(させい)=かすれ声
恒常的に嗄声音ですが、緊張した場面で声を出したり、長く発声して疲労したり、大声を出したりした後が顕著となります。
とくに、歌手、とりわけ声楽家やオペラ歌手のソプラノは気をつけなければなりません。
なぜ?
LDPの嗄声はファルセットを阻害するからです。
披裂軟骨の開閉運動能力が低下すると同時に、スイッチ活動(声帯筋と声帯粘膜を使い分けて音を作り出す能力)も落ちることがわかってきました。
さらに、息漏れが長く続くことによる声帯粘膜の乾燥。
ほぼ水分で構成させる声帯粘膜は干からびて微細な振動ができなくなります。
中でも、ピアノ・ピアニシモで歌う際、ソプラノ歌手に求められるのは、空間の透明感。
嗄声と言う雑音で満たされ、歌の魅力が掻き消されてしまいます。
他のジャンルなら、嗄声を色気に持ち込んだりノリで惑わしたり、いわゆる誤魔化しが効きますが、確立されたメソッドで勝負するクラシックは無理。
声楽家やオペラ歌手は、確実にLDPを改善しましょう。
なぜ?
それは、あなたの歌は聴くひとに捧げるために存在しているのだから・・・

e0146240_9252786.jpg






~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。なお、LDP(喉頭深奥ポジション)は病気ではなく喉筋の癖&独自の造語です。
by aida-voice | 2014-11-23 09:26


このたび合格したのは高橋由美子さん。
難関のボイスアドバイザー試験の1回目で、ケアレスミスさえなければ完全合格レベルの頭脳明晰な先生。
喉頭形状も超秀逸で、豊かな質感の歌声を奏でます。
ますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。
なお、アーチスト名は、茜-AKANE-さんです・・・

e0146240_924165.jpg

e0146240_9221764.jpg





追記:最新アルバムは「茜道中譚」です。皆さんもお聴きくださいね!
by aida-voice | 2014-11-23 09:24

声の短問短答【続編】304


「初めての時に、家でやるべき宿題を出しているって聞いたんですが、教えて頂けませんか?」

はい、新規にお越しになった方に差し上げるペーパーが以下です。

e0146240_543529.jpg

内容の詳しい解説は当日。
ビデオ検査の結果とこの宿題の説明に30分はかかりますからね。
初めての方は、どうぞ楽しみにしていてください。
by aida-voice | 2014-11-21 05:47

The good larynx and smile


素晴らしい形状の喉頭と素敵な笑顔のボイスアドバイザーが誕生しました。
それは豊田裕麻さん。
整備された喉による発声の良さは折り紙つき。
さらなる活躍を期待しております!

e0146240_5343092.jpg

e0146240_535845.jpg

by aida-voice | 2014-11-21 05:35



FSBR 〔ファイブ・セコンズ・ブレス・レコーディング〕


声の根本は、声帯の振動と共鳴腔の活用の二点。
声帯を振動させるのは、空気の流れ(呼気)。
さらに、声は音であり、音は空気の疎密波(振動)。
そう、共に空気が必須。
体内外に空気を出入りさせる機能が呼吸。
呼吸を紐解くと、良い声には二種類の呼吸が大切であるとわかります。
一つは、絶対肺活量(生きるためのレベルの肺活量ではなく、ここでは発声や歌唱用肺活量の意味)。
もう一つは、呼気のコントロール性(効率性)。
この二つが相まって、最高の声が生まれてくる源となります。
FSBRのトレーニングは、絶対肺活量を格段に高めます。
なお、獲得順は、初めに絶対肺活量、次に呼気のコントロール性。
よって、今回はFSBRで、皆さんの絶対肺活量を徹底的に向上させます。

方法
①全身を脱力した状態で立ちます。
②《配布プリントをご覧ください》
③《配布プリントをご覧ください》
④《配布プリントをご覧ください》
⑤《配布プリントをご覧ください》
⑥ゆっくり息を吸い、呼吸を整えます。
⑦《配布プリントをご覧ください》
⑧《配布プリントをご覧ください》
⑨ここからが重要なポイントです。《以下、配布プリントをご覧ください》

このFSBRを続ければ、相当の効果が期待できます。
なぜ?
つまるところ、呼吸が上手いひと、息の流れが美しいひとは、声が良いからです!



e0146240_12443643.jpg






追記1:再来時に「詳しいやり方」と「記録表」のプリントをお渡ししています。




追記2:呼吸のコントロール性の獲得は、当サロン内の加圧呼吸トレーニングが最適。あらゆる音声を表現するための、強く美しい呼吸を作り出します。是非、習得してくださいね。






e0146240_13143451.jpg
極上の呼吸には喉の柔軟性と運動性も必須。そう、発声は一種のスポーツだから!








by aida-voice | 2014-11-20 09:24

パスワードの場所


シークレット喉ニュースのパスワードはサロン受付窓口上に貼り出しています。〔写真参照〕
あなたの発声力向上の一助になることを願って・・・

e0146240_959758.jpg

by aida-voice | 2014-11-18 09:59



《歌唱リズム感完全習得法》… 終了



わたしは歌唱テクニックに関して言及しない立場にありますが、歌が上手いか下手かの根本のひとつに「リズム感の有無」が挙げられるのではないかと感じています。
今回は、リズム感の理論と訓練法をお教えしましょう!




本文はシークレット喉ニュースでご覧ください。



e0146240_6195058.jpg







答えはココ ➤ シークレット喉ニュース


※パスワードはサロン受付窓口上に貼り出してあります!






追記:喉の筋肉に柔軟性を確保したうえでソング用リズムを感得すると、歌っているとき、喉に力を入れないで楽々歌えるようになりますよ。喉をしめた歌声って、歌っている本人も苦しいでしょうが、聴いている方も辛いのです・・・
by aida-voice | 2014-11-15 06:34