<   2013年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

すごい喉を発見!


e0146240_222138.jpg

先日、当サロンにお越しになったI.Y氏。
秀逸な喉頭の持ち主!
加えて驚くべき知識!
以下が、予約時のメールによるIさん自身による状況説明です。〔頂いた文そのまま添付〕

歌を志して五年ほどになります。ボイストレーニングスクールに約三年ほど通った経験があります。しかし、やはり思ったように向上しない感覚はぬぐえず、一年程まえに辞めて、独学で練習しています。
喉ニュースの存在を知ったのは2009年頃で本格的には2012年から過去記事や目次集をしらみ潰しにチェックし勉強しておりました。そして今回一大決心で念願の會田先生の問診、施術を受けさせて頂きたい気持ちで、行動を起こしました。
一、輪状甲状関節の可動域の狭さ?または正常可動していない?または亜脱臼の有無?の可能性を考えています。歌唱の際に思ったような高音がでません。
またピッチを捉える瞬発力にも欠けると感じています。
一、喉頭を胸骨舌骨筋などにより引き下げた時、甲状軟骨が左右均一に垂直移動しません。(シンメトリーな運動が阻害されています)片方だけおそらく牽引機構の硬化化か、または別の原因により、甲状軟骨が引っ張られていると感じています。
一、甲状軟骨のグライディングテストを自分で行いますが、最近は基本的には陰性(クリック音無し)ですが上記の牽引機構はじめ、まだまだ柔軟性には乏しいと感じています。もちろん素人ですので、恐る恐る触っています。ですが最近はわかったつもりで、強く動かしすぎてもいるかもしれません。
一、舌骨の前方移動が出来ないので中・下咽頭収縮筋などの柔軟性も課題かと考えています。
一、生来の慢性的な肩こりあり(なで肩の為?)
一、舌骨と甲状軟骨上端との間隔と血流量もまだまだスタミナ不足から、向上できるのならばしたいと考えています。
何卒宜しくお願い申し上げます。

挨拶を済ませ、わたしは質問しました。
「あなたは相当勉強して知識がありますね。もらったメールの最初に輪状甲状関節の亜脱臼を疑っています。もし、この部位に亜脱臼が存在し、5年も経過していると、周辺組織は瘢痕化を含め硬化している可能性が大きくなり、改善は難しいと考えます。これらを正確に知りたいですか?、それとも伏せて話した方がいいですか?」と問いました。
Iさんは真正面を向いて毅然と答えました。
「どのような状況でも教えてください」と。
清々しい男らしさを感じました。
検査の結果です。
喉頭周辺予想図を見てわかるように、輪状甲状関節の脱臼は存在しませんでした。
本当に安心しました。
ただし、輪状甲状筋は薄く、動きが緩慢であることが判明。
さらに各種の検査を行い、質問の件をすべて解き明かしたのです。
それにしても、甲状軟骨の形状の良さ共に、輪状軟骨の秀逸な大きさに驚きました。
お見事な喉です!
素晴らしい知識です!
最後にお互い固い握手を交わしました。
わたしの喉探求の人生にも深い印象を残すであろう素敵な時間でした。
ご来院、ありがとうございました・・・

e0146240_223718.jpg
喉頭周辺予想図(外皮より)





追記:喉頭周辺予想図は、綿密な會田の触診と各種発声時のビデオ録画を元に描いたもので、100%完全正確無比な図ではありません。あくまで外皮からの予想図です。
by aida-voice | 2013-04-30 00:10

声の短問短答【続編】72


「緘黙が長く続くと喉の筋硬縮を生じる可能性があるって本当でしょうか?」

その可能性はありますね。
嚥下・摂食の運動は行っているはずですから、廃用性萎縮まではいかないと考えますが、発声関与筋は硬くなります。
緘黙症の主要原因や症状が取り除かれても、その後も発声し辛いのは、この影響が大ではないかと考えます。
医師から依頼を受け、そのような患者さんを数多く診てきました。
お大事になさってください・・・

e0146240_2265980.jpg

by aida-voice | 2013-04-29 02:36


700万アクセス記念クイズの正解と当選者を発表します。
正解は・・・2の輪状甲状筋!
有効応募総数(メール)は71通で、正解率は98.5%でした。〔筆記事項の漏れや誤り、郵送応募は、無効とさせていただきました〕
次に当選者です。
無作為に7名を選びました。
以下が都道府県名とイニシャル(名字)です。
神奈川県 K様
東京都 I様
東京都 N様
徳島県 S様
大阪府 T様
富山県 F様
北海道 K様
本「声のなんでも小事典」、声専用スーパーキャンディ5個、最新プレミアムブラックキャンディ2個、合計6,380円分を差し上げます。
数日内にレターパックでお送りしますので、楽しみにお待ちください。
このたびは、700万アクセス記念クイズに多数ご応募いただき、ありがとうございました。
次回のクイズ&プレゼントもご期待ください!!!

e0146240_9421670.jpg

by aida-voice | 2013-04-28 22:30

声の短問短答【続編】71


「師事するA先生とB先生の言うことが違うのですが、私はどうしたら良いのでしょうか?」

A先生は喉を開けろ、B先生は喉を絞めろと言う。
C先生は口角を上げろ、D先生は口角を上げずに唇を使えと言う。
E先生は下顎を前方に突き出せ、F先生は下顎を引っ込めろと言う。
さあ、どうしましょう!?
実は、どちらも正しく、そして、どちらも正しくないのです。
それは、発声法(歌唱テクニックやメソッド等)に100%は存在しないから。
なぜ?
●外喉頭の筋肉の本数や動きの個体差が大きい(約六百三十本ある骨格筋の中で発声関与筋は二十数本)
●発声のための喉頭周辺筋は、動きの正確な感覚を有していない
そう、A先生、B先生、C先生、D先生、E先生、F先生は、それぞれ自分自身が身につけた手法がベストであると考え、あなたに教えているのです。
しかし、A先生やB先生が培ったメソッドが、そのままあなたに適するとは限らない。
C先生やD先生が歌ってうまくいったテクニックが、そのままあなたにもうまくいくとは限らない。
E先生やD先生が行う開口法が、そのままあなたに合致するとは限らない。
極論、みんなどこか正しく、みんなどこか間違っている。
そう、歌唱法に“絶対”はあり得ないのです。
そこで解決するヒント。
教えられる側は、①自分の喉構造(形状や大きさを含む)を把握しておくこと、②自分の外喉頭筋の運動能力を事前に知っておくこと、③それらを的確に判断して無理な手法からはうまく逃げること、を心掛けてください。
自分の喉と声を正確に知っていれば、各指導者の良い点のみを吸収でき、自分に適合しない部分は聞き流すことができます。
合わないトレーニングで、あなたの喉を壊してからでは遅いのです。
是非、発声の正しい知識と自分自身の喉の正確な状態を知ってください。
そうすれば、問いの答えは、自ずと導かれます・・・

e0146240_2121153.jpg




追記1:サロン内や講習会でも「ボイストレーナーは誰がお薦めですか?」「読むべき発声の本を教えてください」と訊かれます。わたしは、数多くのボイストレーナーや音楽教師にお会いし、発声に関する書籍はほとんど購入して読んでいます。その結果の感想が、上の本文。諸先生や各本は、正しさを信じて教授しています。この行為は正しいのです。したがって、どの先生にも、どの本にも、敬意を表してください。小さな間違いや、個体差による不一致は、必ず存在すると考え、この点は不問とすべきでしょう。そう、さまざまな理由(喉頭フィジカル、メンタル、人間関係、練習環境etc.)で、あなたに100%合うとは限らないだけなのですから。あなたが取捨選択する能力を養えば済む話。がんばってくださいね!




追記2:昔々、わたしは真実以外は許されるべきではないと妄信し、一部のボイストレーナーや書籍を酷評していた時期がありました。そのためか、わたしの理論やボイスケアサロンの施術に対し誹謗中傷を受けます。その後、ますます多くの喉に触れ声を聴き、その曖昧性を知るにしたがい、また、齢を重ねたせいか、「どの先生も、どの本も、良い点がいっぱいある!!!」と、心底感じるようになったのです。声帯ヒダが、元々は発声のためでなく、防水弁から進化した可能性が高いため、発声方法に「これで完璧!」と言った正解が無いのは当たり前。人間の数だけ手法があるはず。その中でちょっとでも汎用性があれば秀法。それを先生や著者は伝えているのです。歌唱法を教えたり本を書いたりって、これは大変なお仕事ですよ。是非、リスペクトの念を持って評価して差し上げましょう。




追記3:とくに音楽大学声楽科の場合は大変ですね。入学したら、自分の望みで先生を選べない。だからこそ、誰よりも自分自身の喉を正しく知る必要があるのです・・・





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2013-04-27 00:04

声の短問短答【続編】71


「音楽をいっぱい聞くと、特にヘッドホンやイヤホンを使うと、耳垢が溜まりやすいって本当!?」

これは嘘です。
似たような話として「埃っぽい場所や空気の悪い所に居ると、鼻毛が濃くなったり早く伸びたりする」があります。
これとそっくり。
なぜ、このような都市伝説が生まれたのか?
仮説ですが、次のように考えます。
ヘッドホンやイヤホンを使用すると、イヤパッドやイヤーピースが耳介や耳孔に当たります。
そのときの刺激や振動によって、最初から外耳道に存在する耳垢がポロリと剥がれ落ちるのです。
これが装着して音楽を聴いているときに「あっ、耳垢が!」と感じる。
普段は意識していない程度でも、ヘッドホンやイヤホンをしているときは、耳や聴覚の感性を研ぎ澄ませているため感じ取れるのでしょう。
それを何度も体験して「音楽をいっぱい聞くと、特にヘッドホンやイヤホンを使うと、耳垢が溜まりやすい」と錯覚するのではないかと考えます。

e0146240_20571114.jpg




追記1:耳垢はヘッドホンやイヤホンに付着し不衛生になります。ヘッドホンやイヤホンを使う際は、お耳を清潔にしてから・・・





追記2:機器の音圧や音震によって剥がれるとの意見もあり、ストローの内部に輪ゴムを細かく切った小片を圧着させ、ヘッドホンやイヤホンの音を流してみました。その結果、ストローの振動は極々わずかで、ゴム小片の離脱はありませんでした。したがって、やはりイヤパッドやスリーブによる影響が大ではないかと思われます。
by aida-voice | 2013-04-25 00:10

声の短問短答【続編】70


「息を吸う感覚で声を出すと良いのはなぜ?」

知っていただきたいのは、大勢にご協力いただき何度も実験を重ねた結果、息を吸う感覚で声を出しても、実際は息を吐き出していることです。
確かに吸気でも声帯ヒダは振動しますが、めくれる方向が逆となり、元来そのような作りになっていないため良声から遠のきます。
したがって、あくまで息を吸う感覚で息を吐いて声を発しているのです。
この手法が良いと感じるひとは、以下の可能性が考えられます。
1:呼気を無駄にしなくなる(エコですね…微笑)
2:息のコントロールがしやすい
3:口腔共鳴腔を広げやすくなる(舌の変位を認めた)
注意点もあります。
舌骨上筋群に力が入りやすいので、極力、リラックスしなければなりません。
力みが恒常的になると、ⅰ:咽頭共鳴腔の狭小化と、ⅱ:舌の運動性低下による構音不全が生じます。
「いざ、吸い込むぞ!」などとあまり強い意識を持たず、なるべく楽に行ってくださいね。
皆さまの、さらなる発声向上をお祈り致します。

e0146240_22533434.jpg

by aida-voice | 2013-04-24 00:08


ある来院者(男性20代前半)の話。
学生時代、人前で鼻をかむ行為を恥ずかしく感じていたため、常に鼻汁をすすっていたそうです。
小中高と10年以上。
その結果、喉が詰まるようになり、声がこもってしまう。
自分でも気になっていたところ、複数の知人からも「声がくぐもって何を言っているのかわかりづらい」と言われる始末。
耳鼻科に行ったが、鼻や声帯は問題ない。
さらに、不調なときは、嚥下・摂食時(食べ物を食べるとき)に、喉がコリッと鳴るそうです。
ご自身でいろいろ調べた結果、これは喉頭深奥ポジション化現象… LDP ではないかとの考えに達し、本サロンにお越しになりました。
検査結果が以下です。
●咽頭収縮筋(中・下・輪状咽頭部)、茎突咽頭筋、胸骨舌骨筋、肩甲舌骨筋、胸骨甲状筋を含む外喉頭筋群の筋硬度が68Tone
●発声時オシロスコープ波形のトップが刺さるような鋭角のグラフ
●上喉頭動脈血流が2.5㎝/s以下
●甲状軟骨舌骨間が3㎜
●ビデオ検査でも発声時と鼻をすする瞬間に甲状軟骨と舌骨が深く入り込む映像を捉えた。
これは完全な LDP!
懸垂機構の牽引、外喉頭の弛緩用ソニック、副交感神経を優位にさせるレーザー、喉頭周辺筋の細胞を活性化させる微弱電流、喉頭クリニカルマッサージ、ピンポイントマイクロストレッチ、肋椎関節開大術、加圧呼吸トレーニングを行い改善を目指します。
経年が長いため、簡単ではないかもしれませんが、毎回術後の声の出しやすさと柔軟性獲得が叶っています。
アプローチを続ければ、いずれ快癒するのではと、大きな期待を寄せております。

e0146240_23324386.jpg





追記:過大または長期の「鼻をすする」「くしゃみ」「咳」によってLDPに陥ってしまう方が多くいます。これらは意外に喉頭の筋肉に負担を強いているのです。過去の記事にも書きましたので、それらを参考にして、正しい方法を知ってください。うまく出来ているかどうかのチェック等は、施術後の防音室内でお尋ねください。




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。なお、LDP(喉頭深奥ポジション)は病気ではなく喉筋の癖&独自の造語です。
by aida-voice | 2013-04-23 00:03


日本テレビ「所さんの目がテン!」からコメント出演の要請がありました。
残念ながらスケジュールの都合が合わず、今回は辞退。
内容は歌舞伎の発声。
以前に書いた歌舞伎役者の声の記事が目にとまったようです。
投稿後も、ボイスケアサロンには歌舞伎や能など和唄関係者が多くお越しになり、さらに正確な喉と声の様子を知ることになりました。

●なぜ硬口蓋がキーポイントとなるのか?
●どのように呼気を変化させたのか?
●和声の本流はどこにあるのか?

あぁ、声って奥が深いですね~

e0146240_8501361.jpg



追記:この4月、銀座の歌舞伎座が新しくなり、こけら落とし等に出演する役者のボイスケアを頻繁に行いました。
by aida-voice | 2013-04-22 09:00


700万アクセス記念クイズは、2013年4月21日(日)22:00をもって、応募受付を終了しました。
多くのメールありがとうございました。
正解者が多数のため、抽選の上、4月28日に正解と当選者を発表します。(都道府県名と名字のイニシャルのみ)
楽しみにお待ちください

e0146240_21245275.jpg




※お詫び※
当選者の発表を27日と掲載しましたが28日の誤りでした。訂正と共にお詫び申し上げます。
by aida-voice | 2013-04-21 22:00


e0146240_16244979.jpg

700万アクセスのお祝いに「声のなんでも小事典」(講談社)の著者:和田美代子さんから、プレゼント用に「声のなんでも小事典」を7冊いただきました。
そこで、わたしからも声専用スーパーキャンディ5個(500円/個)と新プレミアムブラックキャンディ2個(予価1,500円/個)、計7個をプレゼントします。〔7名分で合計49個を準備〕
つまり、本が880円、キャンディの総額が5,500円、よって合計6,380円分です。
とくに、新プレミアムブラックキャンディは最先端の声用飴で完全非売品です。
どのようにプレゼントするか?
やはり、クイズでしょう。

要綱
ボイスケアサロンHPの700万アクセス記念クイズのフォームをご利用ください。
①クイズの答え(番号のみ記入)
②名前
③郵便番号
④住所(レターパックで郵送するためマンション名・号室まで正確に)
⑤電話番号(携帯電話)
⑥メールアドレス

締め切りは平成25年4月21日(日)22:00まで。
正解者が多数の場合は、抽選のうえ当選者を7名決定します。
平成25年4月28日の喉ニュースで、正解と当選者を発表します。(都道府県名と名字のイニシャルのみ)
その後、順次発送いたします。

e0146240_1803069.jpg
e0146240_0145717.jpg

それではクイズです。
次の問いの正解を選びなさい。(3択問題)

Q 声帯ヒダを他動的に伸長させて高音発声に欠かせない筋肉は?
A 1:大腿四頭筋、2:輪状甲状筋、3:茎突舌骨筋

さあ、ふるってご応募くださいね。
by aida-voice | 2013-04-19 00:06